天皇杯1回戦 VS和歌山

  延長の末3-2で2010年以来の2回戦進出

    松本斎藤
安楽        村上
    国領面家
桝田 吉川大杉 鈴木
      永富

 吉弘選手の負傷などなのか、CB2人を入れ替えてのスタート。予想通り守備的な入り方をしたが、少しひきすぎた印象で、DFライン前のスペースで相手に持たれ、5分ごろか、右サイドを突破してきた相手をちょっとボーっとみているような感じでPA侵入を許し、いきなり先制されてしまう。また10分か15分ごろにはカウンターで中央に抜け出されてパスをおくられ、あっさりと2失点目。
 当然巻き返しにかかるが、この日はDFラインと前線の距離が開きすぎた感じで、一気に前までボールを蹴ってもフォローがなく、セカンドを取られてまた下げられて、の悪循環。得意のサイド攻撃をしようにも、サイドに付けるボールの精度を欠き、これまた悪循環に陥り、安楽選手の単騎突破からFKをもらう、くらいしか好機はなかった印象。個々の能力では勝てる場面もあるため、右サイドで鈴木選手が高い位置取りをしての攻撃も垣間見えたが、パス交換のところでひっかかり、決定機には至らない。

  チグハグなまま後半に入ると、さすがに前への圧力を増し、村上選手のドリブル突破も出始める。それでも崩しきるには至らない。あせりも見え始めた30分ごろか、CKからだったと思うが、ごちゃごちゃしたところでPKをもらい、松本選手が決めて追い上げムードをつくる。和歌山も足が止まり始め、オープンな撃ち合いになりかけるが、MIO側にも疲れからのミスが出る。最終盤、永富選手を上がりっぱなしにさせてのパワープレーを敢行、圧力をかけ続けるが最後の一線を越えられない。ロスタイムもかなり経過、いつ終わってもおかしくない中、安楽選手が左サイドから放ったシュートがゴール隅に吸い込まれ、同点そしてすぐにタイムアップという展開に。場内は爆発したような歓声に包まれた。

 追いついた勢いで延長戦も優位に入るが、和歌山も締めなおしたのか攻める力を取り戻し、たびたびMIOゴール前に迫る。そんな中、10分ごろか、MIOゴール前でのCKで和歌山の選手同士が接触、なんと救急車を呼ばれる事態となり、30分近くゲームが止まる。場内全ての人が選手の無事を祈る中、和歌山の選手2人が搬送、すでに交代枠が使われており、2人少ない状態での再開となってしまった。一気に数的優位を確保したMIOはゆとりあるキープから左右にボールを回し、安楽選手(だったかな)が左サイドを駆け抜けて上げたクロスに坂本選手が合わせてついに逆転した。
  延長後半も数の力で何度もゴール前に迫るが、決め切れない。すると完全に開きなおった和歌山の選手の鋭い突破にたじたじとなる場面が目立ち、一対一を作られるなどピンチの連続となってしまう。永富選手や大杉選手の好守で間一髪ゴールをまもり、なんとかことなきを得た。
 
 勝ったからこそ書けるが、運良く勝ったゲーム、といってもいいのではないか。笛がもう少し早く吹かれたら、PK取ってもらえなかったら、和歌山の選手にあのアクシデントがなかったら、延長後半のピンチを決められていたら、と思うと良く勝ったな、と思う。しかし和歌山が力がある、というのはともかく、前半の簡単な失点はいただけない。守備的に入る、といういつものスタイルなのだろうが、あれだけ引いてしまうと相手にスペースを与えているのと同義ではないか。天候のこともあったのかもしれないが、前から行くプレスがあった方が良かった気もする。守備的に入ったはいいが、失点してしまうとその後の攻め手を欠きがちなチーム状況なので、そのあたりの戦略も少し考えてほしいところだ。びわ大戦もそうだったが、この日も有効な攻めはやはり安楽、村上選手だよりとなってしまう。これは他の選手が悪い、というのではなく、今の布陣でロングボール中心のやり方では、よっぽど相手CBが弱くない限り、攻め手はそこしかない印象だ。また、両サイドを使うにしても、チームとして狙って使えている、というより、2人のアドリブでの個人突破任せのような印象もある。さらにこの日は、サイドに振るパスがことごとくラインを割るなどして不安定で、特に前半は村上選手があまり生きなかったように思った。
 この日は全体的にボールの精度が悪く、自分たちで守備の時間を増やしちゃっているな、と心配にさえなってしまった。このままリーグ戦に入るのはかなり不安でもある。今年は練習時間なども大分改善されている、というので、そのあたりの効果をそろそろみたいところだ。

  と書けるのも、勝ったからこそ。勝ちは勝ち。次はなんとマリノス相手だ。安楽選手の同点ゴールにはしびれすぎて、気が付いたらわけのわからない声を発して泣きかけていた。見た目もさわやか好青年なので、ほんとうに孝行息子といおうかなんと言おうか。MIO史上指折りのゴールであることは間違いない。
  自分のことで言うと、この日は後半途中で「あーあこりゃ負けちゃうな」と思っていた。「がっかりだな」と声援のボリュームも下がり気味だったが、、時計の針が進んでも、サポーターさんはもとより、スポ少のお子さんたちもMIOコールに声をからしていた。その声を聞いて「子供さんがあきらめないのに、大人が勝手に応援を諦めてる場合じゃないな」と思いなおし、ボリュームアップさせてもらったところにあのゴール。もちろん安楽選手はじめ選手たちがもぎ取ったゴールなのだが、0.5点分くらいは、いつもどんな時も声援をやめないサポーターさんや、今日の子供さんたちのゴールかな、と感傷的になった。

  最後に、搬送されたアルテリーヴォ和歌山の選手がご無事でありますよう。良く考えたら山道選手もいるし、和歌山が強いのは道理。来年あたりJFLに舞台を移すのだろうから、今日搬送された選手とも再戦出来ることを願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード