天皇杯県予選決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

  2-1で2年ぶり4度目(かな)の県代表


    松本斎藤
安楽       村上
    桝田国領
濱田吉崎吉弘 鈴木
     永富

 厳しい日差しの下での試合開始。強豪校とはいえ大学生相手とあって、球際の面ではやや優位に入れた。国領選手あたりがいつものリーグ戦に比べるとやや余裕を持ってボールを持てた印象だったが、これがかえってあだになったのか、両サイドにボールが入るのがやや遅れ、優位ながらも効果的な崩しには至らない。そうこうしているうちに、相手に右サイドでFKを与えてしまうと、上ったボールが頭で軌道を変えられ、ゴール左にぽとり、という感じで入ってしまう。
 それでも個々の力では上回れている場面が多く、左サイドの安楽選手を中心に相手を押し込める時間帯が増えてくる。ただびわ大はCB陣が強固で、松本選手がなかなか思うようにプレーさせてもらえない。また攻撃陣もスキルある選手が多く、スピードもあり、鈴木選手当たりが手を焼かされる場面も。そんな中、右サイドでボールを受けた村上選手が持ち前のパワフルな突破を図り、抜け出したところを倒されてFK+相手にイエロー。このFKに吉弘選手があわせ、同点に追いついた。
 こうなると主導権をつかみ、ちょっと大学生ではつかまえきるのは難しいな、という両サイドの突破などで押し込み始める。ただ、相手CBは依然として堅固で決定機にはいたらない。前半終了前に、中盤で奪ったボールを斎藤選手がカウンター突破にかかろうとして抜け出したところを後ろから倒され、相手DFが2枚目イエローで退場。数的優位に立ったが、ひやりとする突破を許すシーンもあり、前半を終えた。

 1人多い後半は有利になる、かと思いきや、長めのボール、裏への突破とも相手CBにケアされ、さほどの好機も生み出せない。暑さと共に運動量が落ちはじめ、延長もちらつき始めた30分過ぎ、右サイドに回った安楽選手が五分のボールにわずかに先に触り、相手左サイド裏に快足で抜け出し、中央に向かって突破、鋭いクロスに足から飛び込んだ松本選手が合わせてネットに突き刺し、逆転に成功。その後は前に出てくる相手にカウンターでいなしつつも、好機も作られるなど、ひやりとしながらも守りきって試合を締めた。

 天皇杯予選前半で結構やってしまう失点、ちょっと単調なゲームの進め方、運動量など内容的には結構課題はあったと思う。決定機もそうなかったし。しかしまず勝つことが第一の試合なので、結果を出せてよかった。やはり個々の能力が上回っていたからだろうが、びわ大は後手に回ったファウルが多く、結果としては妥当なスコアだと思う。村上、安楽選手の突破は完全に相手を上回っており、学生さんにはいい経験だったのではないか。ただびわ大もいい選手が結構いた印象で、将来が楽しみだ。
 ゲーム間隔がややあいていたせいもあるのだろうが、パスが合わない場面もあった。次の和歌山代表アルテリーヴォは、カテゴリーが違うとはいえ関西リーグの強豪で、まずJFLクラスの力があるとみて間違いないだろう。滋賀県内での試合でもあり、必勝を期すべく、精度を修正してほしい。

 なんだかんだと、天皇杯県予選優勝はいいなあ。嬉しそうな選手たちの表情をみるにつけ、なおさらだ。また、カップ授与後、サポーターさん達と一緒に記念撮影して、サポータさんたちもカップを手にしていた光景が、ファミリー感があって本当によかった。この日は少年の観戦者も多かったし、安楽、村上選手のドリブルとともに、印象的な光景としてアピールできたのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード