VS流通経済大

 3-1で3連勝


   松本斎藤
柳澤      村上
   面家国領
濱田吉崎吉弘桝田
     永富

 開始直後は優勢を保ち、松本選手のシュートや斎藤選手の抜け出しなどで好機を作る。しかし暑さのせいか、15分過ぎになると、流経の左サイドを中心にした攻めに押し込まれ始める。セカンドボールもあまり拾えず、奪っても両翼に一対一を仕掛けさせるような球出しに至らない。とはいえ流経もPA内の迫力にはやや欠け、失点の気配はあまりない中、30分過ぎに得たCKからはじかれたボールを国領選手が再度クロス、ファーの吉崎選手が折り返し、真ん中の吉弘選手が蹴り込んで先制した。
 先制後も押し込まれ気味の展開は変わらず、攻撃はロングボールの単発のみ。まあ前半は1-0でいいかと思っていた終了間際、ゴール前でスクランブルになったところを押し込まれ、同点にされてしまった。

  後半も押し込まれる重苦しい展開が続き、球際に行ってもなかなか奪えず有効な攻めが繰り出せない。そんな中、15分ごろに柳澤選手に替えて復帰した安楽選手を投入。プレスにスピードが戻り始めた。すると20分ごろ、流経陣内で流経の左サイドが持ち上がるボールを追いかけた村上選手が絶妙の当たりで奪い返し、そのまま突破にかかる。斎藤選手もからんでいたかどうか記憶は定かでないが、3人ぐらいを振り切って右サイドゴールラインまで駆け上がり、折り返す。折り返したところに待ち構えていたのは安楽選手。きっちり決めて再びリード。
 これで息を吹き返した感があり、流経の疲れもあってか、前線からのプレスが効きだす。斎藤選手や村上選手のスピードある寄せがよくはまり、中盤もボールを保持できる展開に。30分ごろには国領選手あたりが倒されてPKを獲得。前半PKを受けたかな?というプレーだった斎藤選手が決めて3-1に。流経の反撃を浴びながらも切り抜け、ゲームを終えた。

 暑さもあったのかもしれないが、受け身に回る時間がながく、なかなか難しいゲームだった。それでもセットプレーで得点でき、3-1に出来たのは力と勢いがある、ということだろう。とはいえ、みている側からすると、村上選手のあのプレーに尽きるゲームだったように思う。追いかけて奪い返すだけでも「よくやった」モノのところから仕掛けて粘りながら抜き切った時点で勝負あり、のドリブルまで繰り出したのは驚愕モノだ。このプレー以外にもインターセプトや長い距離を走って戻っての守備成功など、貢献度はものすごく高いし、これは外しようのない選手だなと改めて実感した。スタミナもとんでもないし、ハイボールの競り合いも強いし、MOMは村上選手だなー、と思った。また復帰すぐで安楽選手がゴールを決めたのもよかった。前期も村上選手からの折り返しを決めていたはずだが、ポジショニングがいいのだろうな。これから上位陣とも当たっていく中で強力な武器が復活してくれ、心強い。
 また、斎藤選手も昨シーズンの危険なキレを取り戻したかんがあり、こちらも大きな収穫だ。

 順位も首位と勝ち点1差の4位まで上げてきた。このまま一気に、と願うところだが、これまでの3つは割に下位のチームからのものでここからは更に骨のある相手ばかりになってくる。今日のように受け身に回る時間ばかりだと、いくらDF陣が奮闘しているとはいえ厳しくなってくると思われる。奪った後の展開のパターンや精度を増して、優勝戦線に残り続ける戦いを期待したい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード