次は佐川印刷

 次節は佐川印刷戦。昨年はホーム、アウエーとも1-1だった。現在は絶好調のようで、怖いことこの上ない相手だ。昨年の印象では、きちっとまとまってフィジカルの強いサッカーをする、という印象だった。押される時間が長かったし。あとは、最終節で田中剛選手が相手ゴール前まで上がりっぱなしで行ったシーンが印象深い。MIOも木下選手が出場できるのだろうし、勝機は充分。アウエーといっても近いし。

 印刷出身の安部選手はすでに5得点。コンスタントに決めているから、シーズン終われば結構な数字になっているんじゃないかと期待している。今年は完全にFWの柱になっているので、相方が誰になっても、チームとしては安定した攻撃ができそうだ。木下選手とは横並びでともに点を取っているし、SAGAWA戦の安里選手とはたての関係で安里選手がうまくボールを引き出せていてよかった。
 汚れ仕事をいとわない、献身的なタイプだから、誰とでも合うのだろう。前に、「昨シーズンの苦労が報われて欲しい」と書いたけれど、その通りになっていて本当によかった。まあ、まだまだ点をとる機会があるので、気は早いがタイトル争いも視野に入れてみて欲しい。試合をみていてこれほど気持ちを暑くさせてくれる選手はあまりいないと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード