VS マルヤス

4-1で後期初白星。


   斎藤松本
柳澤      谷本
   桝田国領
濱田吉崎吉弘鈴木
    永富

  いつも以上に強風の布引で風上スタート。序盤に互いにシュートチャンスを迎えるが、、MIOは10分ごろに右サイドからの攻撃で流れたボールを、左から詰めてきた柳澤選手がシュートして先制。15分ごろには、相手ゴールラインを割りかけたボールを粘ってつなぎ、折り返しを待ち受けていた松本選手が押し込んで2点目を上げる。この日は、両サイドに強力なドリブラ―がいない分、斎藤選手が巧みに受けて、少しタメをつくるような動きが目立った。マルヤスは割と丁寧につないでくるチームで、特にテクニックある選手を配した左サイドから、幾度もMIOのDFを切り崩しにかかり、ひやりとする場面をつくられる。
 その分、中盤で奪えればカウンターの好機をつくることができたが、マルヤスも球際がかなり激しく、優位を保ちながらも追加点はならないまま、前半を終えた。

 後半は風下に回ったことで、マルヤスがより圧力をかけ始める。5分ごろ、強風の影響だと思われるが、マルヤスのCKがそのままゴールに吸い込まれ一点差に。こうなると、風上の勢いもあってパスワークがさえだすマルヤスに対し、左右に揺さぶられ始めたMIOはやや受け身に回り始めた。その分、カウンターの好機も増え、撃ち合いの様相を呈する。マルヤスはポスト直撃のシュートを放つなど、決定機を幾度もつくり、MIOも柳澤選手や坂本選手がカウンターからシュートに持ち込むが、決まらない。ロスタイムに入り、マルヤスがさらに前に出てきたところをカウンターで坂本選手、続いて国領選手が仕留め、結果として3点差で試合を終えた。

 結果は3点差ながら、マルヤスの丁寧につないでくる攻撃にかなり苦しめられたゲームだった。あのポスト直撃のシュートが入っていれば、展開は違ったかもしれない。ただ、カウンターの好機は多かった。もう少し早い時間帯で3点目を取れれば、もう少し楽な展開だったと思われるので、カウンターの精度をより磨いてほしいところだ。また、帳尻合わせ的なところはあるかもしれないが、結果として3点差に出来たのはチームとして力をつけてきたといっていいのではないか。かつてのMIOも、リードされた展開でロスタイムに前がかりになり、きっちり点を取られる、という形で点差を広げられたことは何度もあったし。帳尻を合わせられるのも、一つの力ではあるといえる。
 この日は村上選手が出場できず、どうなるかなと思いきや、柳澤選手や谷本選手がよく持ち味を出してくれた。また、いつも苦労している松本選手、坂本選手にゴールが出たのが嬉しいし、終盤のあの時間帯で国領選手がゴール前まで走り込んで決めたのも良かった。やはりホームで快勝(結果だが)は盛り上がってスッキリする。
 また、マルヤスのいい攻撃に苦しめられたけれど、なんとかしのげたのは守備陣、特に吉弘選手の力が大きかったと感じた。一対一に強いし、PA内でのクロスや折り返しもきっちりはじくし、長めのボールへの判断もよし、で頼りになる存在だ。スピードのある吉崎選手との組み合わせはかなり機能しているといえるのだろう。

 強風かつ日差しがまあまあ強く、暑いのか寒いのかというゲームだったが、中学生集団がいたこともあり、お客さんもそこそこの入り。前ホーム戦から、歌手の方がMIOの歌を歌ってくれ、その中で「MIOびわこ」のチャントも上手く取り入れてくださったこともあり、声援もなかなかだったのではないか。歌の中で自然にチャントになるので、お客さんも合わせやすいのだと思った。上手いことテーマソングみたいな形で定着してほしい。
 先日、試合後のふれあいサッカーを取り上げたので、この日も着目していたが、相変わらずいい光景だった。しかも前座試合とお手伝いをしてくれた中学生達と選手たちが一緒にボールを蹴っていたのが良かった。自分もそうだが、テレビより観客席、観客席より一緒にボールを蹴ると、選手のボールタッチの柔らかさや上手さが実感として伝わってくる。中学生もかなり感心していたようだ。中学生の部活だと、異年代との対戦はほぼないだろう。短い時間ではあったけれど、ああいう形で高いレベルでやっている選手たちと一緒にボールを蹴れるのは楽しそうだったし、刺激になったと思われる。参加を促されたDJさん、許可された引率の先生、いいご判断でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード