VS 奈良クラブ

1-2で後期は黒星スタート

    坂本松本
 柳澤      村上
    桝田国領
 濱田吉崎吉弘鈴木
     桑水流

 前期の対戦と似た流れで、ボールに激しく食らいつくMIOを、スキルフルでスピーディーなサイド攻撃を中心に交わしていく奈良、という展開に。奈良ホームということもあってかMIOはロングボールが多く、さほど有効な形は作れない。守りもプレスを交わされる形が多く、右サイドを崩されポスト直撃のシュートを打たれるなど、劣勢に。しかし暑さのためか、カウンター狙いのためか、前半途中から奈良が奇妙に引き、MIOがDFラインでゆっくりとボールを回せるようになった。まず間違いなく意図的に引いていたのだと思うが、MIOは柳澤選手が中盤の底に回るような位置取りからパスを伺い、坂本選手のアクセントになるトラップなどで好機を生み出そうとするが、決定的な形に至らず、前半を終えた。

 後半になると、スペースが出た分、村上選手、柳澤選手の両サイドが前に出る機会が増え始める。すると10分ごろ、坂本選手が倒されて得た右サイドからのFKに、跳び上がった村上選手が合わせたボールがゴールに吸い込まれ、先制を果たす。こうなると、奈良が一転、攻勢に打って出る。奈良はストロングポイントなのであろう左サイド(MIOの右サイド)を中心に激しく攻め立てるが、MIOも懸命の守りで跳ね返し、GKの好守もあってしのいでいく。「前期と違ってしのげるか」という展開になりかけた30分ごろ、CKからだったと思うがPA内で人とボールが混雑する中、なんとか先にボールに触ろうとした柳澤選手がハンドを取られ、PKで追いつかれてしまう。
 大声援の勢いにのる奈良に対し、村上選手や途中交代の斎藤選手がカウンター気味に突破を図るが、呼吸が合わないシーンが目立ち、決定機は生み出せない。前期と同じ引き分けか、という流れになりかけた40分過ぎ、右サイドで村上選手が与えてしまったFKからねじ込まれ、逆転されてしまう。終盤に大杉選手を前線に投入するなどしてパワープレーを図るが、好機を作り出せず、試合を終えた。

 劣勢ながらも勝てそうな展開だっただけに、いずれもファウルから終盤に2点許すという悔いの残る逆転負けだった。奈良の猛攻を前になんとか先にボールに触ろうという執念はよく分かっただけに、余計に無念が募る。ただ、スタンドから見ても「うわっハンドとられる。審判の死角でありますように」「ああ、そこで倒したら…」という風に映るプレーだっただけに、結果論でしかないがもう少し慎重さが必要だったのだろう。村上選手はこの日も攻守に大活躍だったが、あのプレーに限って言えば、フォローに来ていた鈴木選手に早くはたけばよかったかもしれない。攻撃では斎藤選手にすぐに出せば、というシーンもあったが、変な風に意識して村上選手の良さが消えると意味がないので、周囲の強い声かけ、要求などがもっとあってもいいのかもしれない。
 
 また、攻撃面がここのところやや単調なものに、戻っている印象を受ける。坂本選手のトラップがいいアクセントになりそうなだけに、ボランチの絡みなど含め、もう少し整備出来たら、と思うところだ。まあ守備第一、というオーダーなのだろうけれど、いつもいつも松本選手が不憫だなあという印象を受けてしまう。本当に頑張っているだけに、スカッとするゴールで報われてほしい。
 
 と、いつも以上に敗戦に悔しさを感じたのは、大声援アウエーの逆転負け、ということもあるだろう。家庭と仕事の都合でほぼホーム観戦のみだが、よく考えたらアウエーはそこまでアウエー感のない(ごめんなさい。印刷さんの応援はいつもいいなあ、と思っています)印刷戦しかなかった。同点、逆転ゴールであそこまで盛り上がり、試合後も歓喜を爆発させている姿を見たから、なおさらなのだろう。そういう心情だからか、選手もいつも以上にがっくりきているように見えたが、サポーターさんたちは相変わらずしっかり、励ましていらした。アウエーのああいう環境で、悔しいだろうにいつも鼓舞してらっしゃるんだなあと思うと、頭が下がる思いだ。

 夜勤明け→観戦(敗戦)→そのまま夜勤というスケジュールでなおかつ敗戦という心身ともに打ちのめされるような1日だったが、試合開始前のひとコマに心洗われた。この日控えに入っていた斯波選手が、開始直前にカメラマンの方々に駆け寄ってしっかり握手をしていて、「一丸となって戦う」という心意気が伝わってきて、スタンドにいるこちらまで熱いものが伝わってきた。また、点を取られても、スタンドで観戦していた選手(多分永富選手かな)から、うなだれる選手たちに大声で檄が飛んでいて、やっぱいいチームだよな、と感じた。負けはしたが、いいものを見せてもらった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード