VS沼津

0-2で前期終了

    柳澤松本
安楽       村上
    桝田国領
濱田吉崎吉弘 鈴木
     永富

 実際は柳澤選手がトップ下のような感じか。

 開始直後にCKを奪い、そこからの連続攻撃で押し込む。細かくサイドで回す場面もあり、優勢に進められるか、と思いきや10分前か、PA近くでFKを取られ、そこから入ってきたボールのこぼれ球を決められて先制を許す。攻め返したいMIOだが、沼津はMIOのサイド攻撃を人数をかけて封じ込め、柳澤選手らが中央も使って崩しを試みるが、守備網を破りきれない。沼津はスピードあるカウンターも仕掛けてくるが、永富選手の好セーブもあり、しのいで前半を終えた。

 後半は開始直後から攻勢をかけ、沼津が引き気味なこともあってか相手陣内で優位にゲームを展開する。もう少しで効果的な崩しにつなげられるか、と見えた10分過ぎ、攻め込まれて自陣で奪ったボールをクリアせずに回していたところ、相手に渡す痛恨のパスミス。永富選手が1VS1の状況を作られてしまい、やむなく相手を倒して一発レッド+PKの判定。これを決められてしまい、0-2に。10人になってから開き直ったかのように、村上、松本選手を中心に攻めかけ、守備も踏ん張ったがそのまま試合を終えた。

 2失点共にさあこれから、という時間帯でちょっとしたミスやFKから上げられてしまい、勿体なかった。沼津はMIOより順位が上というのが納得できる力のあるチームに見えただけに、こういう失点をせずに接戦に持ち込んで勝機を見いだしたいところだったが。永富選手のプレーはやむなし。あそこで行かずに決められるわけにはいかないだろう。
 サイド攻撃が警戒されて単純な突破が難しいだけに、中央での変化も期待して柳澤選手があの位置だったのかな。違いを作れる能力を持っているだけに、十分に生かしきれなかったのがちょっと残念だが、かみ合えば面白そうな感じは受けた。
 10人でのゲームとなってしまったが、松本選手や村上選手をはじめ、よく頑張っていた。特に献身的に動いてくれている松本選手にはゴールで報われてほしいところだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード