VSファジアーノネクスト

2-0で3連勝
   松本渡辺
村上      安楽
   桝田国領
濱田吉崎吉弘鈴木
    永富

 若く経験の浅い相手とあってか、開始後まもなく局面での個人戦を制して主導権を握り、渡辺選手が豪快なシュートを放つなど、攻勢を見せる。2トップにボールがおさまる状況が続く中、好調なサイド攻撃も冴え、得点も遠くないと思わせる中、20分に右サイドから仕掛けて豪快なミドルを放った村上選手が、シュート前のプレーでもらったFKをこれまた豪快な弾道でサイドネットに突き刺して先制。直後にはまたセットプレーから、この日特に好パスが光っていた国領選手がこぼれ球を突き刺して追加点をあげる。こうなるとイケイケ状態になり、中央から、サイドから攻め立てるが追加点には至らない。
 個々の勝負で勝てていたためか、DFラインでボールを回せる余裕もあったが、かえって個々のところの好調の要因の攻守の切り替えがやや遅れることにもなり、相手のよく練ったFKもあって少しひやりとする場面もありながらも前半を終えた。

 後半も相変わらず局面で勝てるため、SBが上がり、好機をつくる場面も多かったが、半面上ったスペースを使われる場面が増え始め、相手にもきわどいシュートが増えていく。MIOも安楽選手が抜け出すなど決定機を多く作るが、そのまま試合を終えた。

 点が入った時間帯もあって、かえって集中しにくいゲーム展開になってしまったのかもしれない。しかしきわどいシュートは浴びたものの、観ていて負ける気はあまりしなかった。やはり2トップが体を張ってサイドを生かすサッカーができていたからだろう。この日もみな良かったが、村上選手が攻撃と同様、それ以上に守備で奮闘していた姿が本当によかった。あれだけ攻守でハードワークできると、相手としてはどう仕様もないだろう。FKでゴールも奪えたことだし、さらに乗ってくれそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード