VS SAGAWA SHIGA

P5171289.jpg
 
   安部安里
西畑浦島中浜内林
細貝谷口石澤枡田
     田中
 3-2の勝利で今季初の連勝。JFLの公式戦ではSAGAWAとは相性がいいのはなぜだろうか。

 序盤にCK崩れでの左サイドのクロスに石澤選手が飛び込んでヘッドで先制、まもなく浦島選手のミドルのこぼれに反応した安部選手が豪快に蹴りこんで追加点をうばい、あっという間に2-0になった。そこからSAGAWAが精度の高いパスをつかったサイドの崩しを何度も仕掛けてくるが、谷口、石澤選手を中心に踏ん張り、決定的なピンチを作らせなかった。SAGAWAの中村選手のオフサイドゴールくらいが危ない場面だった。攻撃はあまり形を作れなかったが、雨のせいか割合ロングボールを使っていたせいだろうか。いずれにしろ、選手たちは落ち着いてゲームを運んでいた。

 後半は中盤の出足もよく、何度かボールをカットできる場面が見られた。そうこうしているうちに、内林選手がカウンターでドリブル突破し、ゴール左隅に強烈な一発を叩き込み、3-0とした。中盤のつなぎも少しずつ出始め、リズムがどんどんよくなった。CK崩れからSAGAWAのDFに強烈なミドルを打たれ、3-1となったが、相手をほめるしかないような失点だった。SAGAWAは身長のある竹谷選手を投入、パワープレーに出て、球際もかなり激しく出てきた。MIOも安部選手に買えてアラン選手を投入するが、押し込まれる時間が続き、竹谷選手に一点返されるが、なんとか逃げ切った。JFLでの滋賀ダービーは2勝1分。

 シーズン前の連取試合では手も足も出なかったが、不思議なものだ。展開としては昨年のダービー2戦目に似ていたが、守備は昨年より堅さがあった。結果的に失点はしたが、谷口、石澤選手はよくやっていたし、特に昨年は身体能力任せ見たいな面も見えた石澤選手の落ち着きが光っていた。中盤も結構渡り合っていたように思う。SAGAWAはやっぱりパス回しに隙がないし、ほとんどボールを失わないけれど、球際で浦島選手や枡田選手が体を張って奪い取るシーンが印象的だった。得点は幸運といえばそうかも知れないが、後半は押していた場面もあったし、チームの力がついている印象を受けた。
 雨のせいもあるし、MFの両翼が西畑選手と内林選手ということもあって、どちらかといえば昨年のサッカーを思い出したが、内林選手らドリブラーへのパスや崩しの精度は各段にあがっている。強いSAGAWAだが、竹谷選手が入ってくるまで皆が同じようなプレーをしている印象がある。強引な突破などはあまりやってこないし。半面、MIOは内林選手を筆頭に、選手の個性(石澤選手のヘッドや、安部選手のあきらめない動き)が発揮され、勝ちにつながった一戦だったといえる。

 あいにくの天候だったが、試合内容は白熱していたし、レベルもなかなかで、大成功の滋賀ダービーだったと思う。県民にもいいアピールになったはずだ。試合後のサッカー教室は出場していた選手も参加。疲れているだろうに、本当に頭が下がる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード