VS栃木

 4-0で大勝


   松本渡辺
村上      安楽
   桝田国領
濱田吉崎吉弘鈴木
    永富
スタートはこれで、安楽、村上選手がポジションチェンジか。

 ロングボールを使ってサイドに展開し、栃木陣内に攻め入るようなスタート。栃木は割にパスを回してきたところを中盤で激しくアタック、主導権をつかみかける。しかし栃木も左サイドを中心に攻め立て、時折ひやりとするクロスも上げられる。主導権がどちらに行くか、という展開だったが、MIOは奪ったボールを村上、安楽選手の両サイドがドリブルで外にも中にも運べるシーンが目立ち始め、徐々に押し込み始める。すると25分ごろに、左サイドから安楽選手が中に切り込み、シュートを放ち、これが先制点に。勢いに乗り、松本選手らもサイドで起点を作り、次々とクロスが上がりはじめる。守備ではその分、あいたサイドのスペースを使われるが、永富選手らの好守もあり、いい流れで前半を終えた。

 後半も前線からの激しい守備で奪ったボールをサイドに、という展開で流れをつかみ、左サイドを安楽選手が駆け上がり、右サイドを村上選手がごり押しするシーンが続出、濱田選手も高い位置取りができるようになり、栃木の選手が次第についていけなくなる。すると15分ごろに振り切った相手に倒された安楽選手が左サイドでFKをゲット。吉崎選手が合わせて2点目を上げる。栃木も選手を変えて鋭いカウンターを見せるシーンもあるが、なんとかしのぐ。終盤も足を止めない前線からの守備を続け、高い位置で奪って速攻を繰り返し、30分ごろか、右サイドを突破した村上選手の折り返しに走り込んだ安楽選手が合わせて3点目。直後には交代の坂本選手が絡んでの中央突破から松本選手が左サイドに持ち出し、4点目とたたみかけ、終始圧倒する展開で試合を終えた。

 これだけの大勝はいつ以来だろうか。中盤の激しい守備、攻守の切り替えが素晴らしかったし、奪ってからの展開もかなり整備されていた感じだ。これが松本選手や村上選手のもともと持っていた能力を引き出し始めている、と感じた。いい形でボールを持てば結果を出せる能力は見せていただけに、今後がかなり楽しみだ。
 前線からの守備、集中した守備も素晴らしいが、今日のMVPはなんといっても安楽選手だろう。スピードはもちろんだが、仕掛ける際の判断の速さというか、迷いのなさがよりスピードを生かしているようで、後半からは相手がほぼついてこれず、左サイドを完全制圧したといってよいだろう。また対面の村上選手は、強引なまでの仕掛けが安楽選手と対照で、これも効果抜群だった。また、個人的には毎試合、攻守に本当に奮闘してくれている松本選手がゴールで報われたのが嬉しかった。
 
 天気も良く、いつも熱心なサポーターさんを中心とするスタンドの盛り上がりもよく、本当にいい一日だった。下位の栃木だから、の結果という面もあるかもしれないし、このサッカーを、ある程度上位相手にもできるようにしたいところではある。あるが、前日のレイジェンドとの合併?報道でモヤモヤしていただけに、「ピッチの上がすべてだ」とばかりに躍動してくれた選手たちに本当に感謝したい。今日は余韻にひたり、合併報道の件は明日にでも回そう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード