VS 奈良クラブ

 1-1で連敗ストップ


   渡辺斎藤
村上      柳澤
   桝田国領
安楽吉崎吉弘鈴木
     永富
 今日はこんな感じに見えた。

 いつもの強風でスタートし、ボールを果敢に奪いに行くが、しっかりパスを回す奈良にすぐに押し下げられる。奈良はサイドを破ってからのクロスが多かった印象で、セカンドボールもなかなか拾えない。拾えても中盤と距離のある2トップへのロングボールで「こりゃいつものパターンか」という展開だった。しかし、両サイドのこの日は村上、柳澤選手の動きがよく、またパスのタイミングもあってきたのか、これまでになくサイドを破れる場面が出始めた。永富選手の好セーブなどで奈良の攻勢に耐える中、前半終了間際にCKから吉弘選手が合わせて先制点をあげ、折り返した。

 後半は追いかける奈良がより前がかりになり始めたせいか、ピンチの半面、サイドの突破がより目立ち始める。村上選手が左を、柳澤選手が主に右を破り始め、結果として中央も使えるようになり、パスが回るシーンも。とはいえ奈良も攻勢をかけ続け、30分にはとうとうロングボールから抜けだされ、同点にされてしまう。その後は互いに攻めあう展開で吉崎選手のおしいシュートなどもあったが、勝ち点を分け合った。

 勝てたかもしれないけど、奈良に前半決められていたら敗色濃かったようにも思えるゲームだった。ただ、攻めあいのような展開をするMIOを見たのは久しぶりのような気がして、試合としてはとても面白かったし、満足させてもらった。連携が深まったということなのか、サイド攻撃が洗練されてきたのは良い傾向だと思う。あとはパサー役がいれば、という感じだ。この試合で一番印象的だったのは村上選手。これまではちょっと無理な場面からの仕掛けばかりだったが、この日はいいもらい方をしてからの効果的な突破が目立った。球離れがちょっと、なのかもしれないが、強引な姿勢は今のMIOアタッカー陣に必要だし、火をつけてくれそうな感じがよい。

 この試合は天気が絶好だったし、奈良相手ということもあってか甲賀で結構な数のお客さんだった。奈良のサポーターさんの応援も楽しく、よい1日だったな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード