VS HONDA

0-3の完敗。

     渡辺松本
 村上桝田国領面家高田
    吉崎吉川大杉
       永富     こんな感じではなかったか。

 晴天なれど強風の布引。風上でスタートし、中盤で人数をかけて積極的に奪いに行くがHONDAのパスワークにうまく交わされ、ピンチを迎える。それでも体を張ってしのぐと相手DF陣背後へのロングボールに松本選手らが果敢に競りかけ、CKを獲得。連続して蹴るが、得点には至らず。
 中盤の構成力に優れるHONDAに対し、ファウルすれすれの激しい当たりで立ち向かうが、この日キレキレの超絶テクニックを見せつけた8番を中心に正確なトラップ、パスでいなされて後手に回りだす。HONDAはMIOのプレスをいなした後にサイドやトップに当てるパスが非常に正確で、15分ごろにはサイドを割られ、40分ごろにはトップに完璧なパスを出されて2失点。攻撃はボールの長さがほぼ合わず、その後さほどの好機もなく、前半を終えた。
 後半は風下に変わり、ロングボールがますます合わないなか、10分ごろにまたも正確なパスワークから失点、試合の流れがほぼ決まってしまう。交わされながらも激しく寄せる守備を続け、次々と選手を交代して手を打つ中、安楽選手が入ったこともあってか、左サイドが活性化。時折ボールを奪えると、前半はほぼなかった深くえぐってのクロスが出始めた。坂本選手のタメる動きもあって得点のにおいがし始めたが、シュートはDFに防がれたり、パスミスもあってゴールを割れず、タイムアップとなった。

 さすがHONDAというしかない試合だった。球際は本当に頑張ったと思うが、鹿児島には通用してもHONDAはそこを上回ってきた。特に8番の動きは敵ながら素晴らしいとしかいいようがない。足を深く出してもさらに懐の深いキープ、素早いサポートに正確なパスでつぎつぎとMIOの寄せを外す見事な中盤だったが、それでも奪えている場面はあったし、後半もきつかっただろうにFWからDFまで、足を止めずによく頑張ったと思う。
 少し首をひねったのは攻撃陣か。といっても、個人が駄目だったということではない。松本選手にしろ、渡辺選手にしろ、よく競って守備にも体を張っていた。いかにFW陣がキープに優れているとはいえ、前半のような中央めがけてのロングボールばかりではキツい。裏抜けスピードのある斎藤選手がいれば、とも思ったが、それ以前に攻撃の形をどうしよう、というのが見えてこなかったのが気がかりだった。選手どうこうというより、チームとしてあの形でいこう、ということにしているのだろうか。
 コンセプトがないからなのか、後半に何度かあった高い位置で奪ってからの速攻も出しどころに迷っているうちに…という場面が目立ったし、村上選手らのドリブルも単発で引っ掛かるシーンばかりだったように思う。決めごとなのか、そうでないのかは不明だが、安楽選手が入って縦にえぐるケレンのないプレーをしだしてからは、かえって空いたスペースをパスなり鋭いドリブルでつけていたように思う。
 今年は松本選手にしろ坂本選手にしろ、これは個人能力が高いな、と思わせる攻撃陣がいるだけに、守備の兼ね合いもあろうが、もう少し点を取る形を見いだしたいところだ。主軸に据えられている松本選手はなんとなくだが、クロスへの適性もありそうなので、安楽選手などもいることだし、サイドからの崩しをもっとやってほしいと思う。また、HONDAを見て思ったが、ボールを奪った後のサイドなりトップへの展開が非常に正確なので、ボールを受けた選手の選択肢が多く、DFには脅威だ。MIOの選手ももう少し精度を大事にしてほしい。できる能力のある選手がそろっていると思う。

 今日は強風だったがお客さんもまあまあの入り。すごく歌が上手い女性歌手の方のミニライブもあり、楽しい一日だった。またサポーターの方が配布されておられたチャントチラシに温かみを感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード