天皇杯運営と新加入

 惨敗に終わった天皇杯。決勝のみの観戦だったが、今年は開催時期が早くなったこともあるのか、例年になく適当というか、ゆるい運営だったように感じた。入場無料はありがたいが、スタジアムの入り口周辺に天皇杯県大会決勝を知らせるのぼり的なものを飾り付けてもよかった。あまりに侘びしい入り口だった。会場内では音響のせいだろうがアナウンスの音声が相当聞きづらかったし、開始前と表彰のセレモニーもいい加減というか、適当でなかったか?

 MIOが負けてもちろん悔しいが、いいサッカーをして県代表として出場するびわ大をたたえたい気持ちはあったので、表彰者側なりアナウンスでもう少し「県を代表してまずは岐阜代表と対戦、勝てばエスパルス!」というようなことを告げほしかったし、優勝チームの監督さんや主将に感想と意気込みを聞くインタビューくらいやってもよかろう。また準優勝表彰は省いたのかなんなのかわからないが、後にでも一応やったほうがよかったのではないか。
 県協会の運営だろうから多くは期待しないが、抽選の賞品がかなり豪華だったらしいのはいいとしても、準決勝、決勝くらいはもう少し大会自体を華やかにできないものか。スタンドには県内のサッカー好きと思われる方々や、少年たちの姿もあったので、松田保さんあたりでいいから、ゲストっぽい人を据えて、試合開始前とハーフタイム、終了後に見どころや注目のプレー、試合講評っぽいことをしゃべってもらうだけでもずいぶん雰囲気変わると思うのだが。一応県内№1を決める戦いで、一回勝てばJ1と公式戦、という滋賀サッカー界にとっては貴重な大会なのでなんとかならないもんだろうか。

 MIOが完敗してしまってがっくりだが、他のとこみても今年はJFL勢が大学勢に結構やられているようなので、少しだけ心の慰めになった。毎年大学勢とは勝ち越したり負け越したりという印象なので、この結果をもってJFLのレベルが低いとは言い切れないだろう。昨年からMIOは負けが込んでいて少々自信喪失気味かもしれないが、振り返ってみれば過去のこととはいえ、長崎、鳥取、北九州、讃岐、町田のJ2・旧J2組、HONDA、SAGAWAのJFL優勝チームから白星上げている。J3に移った旧JFL組にも大概勝ち星は挙げていたと思う。SAGAWAなき今、なんだかんだで実績は県内1だし、Jと公式戦をしたことがあるのは現存チームではMIOだけなので、選手は替わっているがチームとして自信を取り戻してもいい。
 と、書いているところで新加入選手の一報。特に濱岡選手は、JFLの中でかなり好きな選手だ。小柄ながら見応えある高い攻撃技術に加え、いつも献身的というか戦う姿勢が伝わってきてプレーを見るたびに「MIOにこういう選手がいたらなあ」と思っていた。チーム状態が悪い中ですべてを新加入選手に期待するのは酷なのは承知しているが、濱岡選手ならかなりいい影響をもたらしてくれるのではないか。昨年の片桐選手といい、フロントの途中補強は的確。願わくはシーズンはじめからこういう体制にできれば。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード