VS沼津

 0-0の模様

 連続引き分けで選手はどう感じているのか分からないが、負けなくなってきてよかったととらえたい。もうすぐ前期も終わってしまうが、後期に向けて立て直していければいいので、いまの間にいろいろチャレンジしてほしい。

 今日は久しぶりに西京極でJ2京都-群馬を観戦。京都にはさほど思い入れもなく、かつて「草津ダービー」をおこなった縁ですこしだけ群馬に心情を傾かせつつの中立的な観戦となった。群馬が激しくプレスをかけるも、運動量が落ちてきた前半途中から京都がほぼ主導権を握り、決定機の精度を欠くなかで後半に入るという展開で「群馬も頑張ったけど、やっぱり京都の地力が上か。2-0くらいかな」という感じ。後半に入っても京都ペース。しかし少し前に出かける京都に対し、群馬がひいた位置からも厳しく飛び出して寄せて、奪ったら徹底して速くスペースを突く攻撃であっという間に3点を挙げ、試合を決めた。
 群馬の走力、球際、奪ったら攻めきる、という姿勢が見事だった一方、京都は奪われてからの戻り、相手への寄せが甘いことこの上なかった。試合後は大ブーイングだったがそれも仕方なしという内容だった。地域柄京都の試合をテレビなりなんなりで見るケースが多いが、このチームはどこか勘違いしているよなあとずっと思っている。ひところに比べたらお金もないらしいが、それでもJ2では「持てるクラブ」だろう。だから、J2ではいい選手をそろえられるし、それはいいのだが、ちょっと「自分たちのやりたいサッカー」にこだわりすぎるように思う。こだわるなら結果を出さなきゃいけないし、J2で「持てるクラブ」ならなおさらだ。元代表をそろえているというなら、もっと貫禄勝ちするサッカーするか、そうでなきゃ一生懸命走れよ、泥臭く当たりにいけよと思う。群馬のサポーターさんたちが少人数でも必死で声出して、群馬の選手もそれにこたえるようにガツガツ食らいついていく姿を見てなにも感じないようなら、今季の昇格も厳しそうだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード