VSマルヤス

 2-2で勝利ならずも連敗ストップ。


    木下
金 尾形吉崎松永
    宇野
二戸池野朝日濱田
    桑水流     こんな感じではなかったか。


 序盤から両チームとも激しく体をぶつけ合う展開になる。MIOは宇野選手や尾形選手あたりがボールをさばいて両サイドから仕掛ける形でゴールに迫る。マルヤスは長いボールをFWに入れてくるやや単調な攻めだが、力強さはうかがえた。MIOは前線でボールを奪うと、吉崎選手や金選手が体ごと相手にぶつけていくような突破を見せ、25分過ぎに左サイドを破って入れた低いクロスを木下選手が足で合わせて先制。ここからマルヤスが激しい当たりで押し込んでくるが、MIOの中盤も素早い寄せと運動量、激しい当たりと相手足元へのしつこい絡みつきで対抗。猛攻をしのぐと再び終盤に主導権を握って前半を終えた。

 後半は序盤にマルヤスFWがDF陣の間隙をついてボールを受ける動きを見せ、シュートを放たれるが桑水流選手が好セーブを見せて事なきをえる。攻撃では松永選手、金選手の両サイドが位置を変え、何度もサイドから仕掛けると、徐々にマルヤス守備陣を押し込み始め、10分過ぎだったか、松永選手のクロスに木下選手が頭で合わせ、GKだかDFがはじいたところに金選手が押し込み、追加点。こうなるとMIOペースで木下選手のチェイシング、ポストプレーがさえだし、両サイドがますます活性化し、前に出てくる相手の裏をつけるような展開に。ところが30分前か、MIOのCBの間にぽっかり生まれたスペースに走り込んできた相手FWに好パスが出て、一点返されてしまう。それでも主導権は握っていたが、35分ごろか、相手CKでよくわからないPKを取られてしまい、追いつかれた。なおも主導権は取り続け、両サイドを中心にカウンターでゴールにせまり、CKなどで好機をつくるもタイムアップとなった。

 問題のPKの場面は、CKの準備場面と思って少し目を離していたので、何が起きたのかよくわからなかった。今日は主審の判定が開始直後から不可解なことばかり(間接FK見逃し?など)だったので、事情はわからないが、MIOの選手の抗議の仕方から見て不可解だったようだ。内容は十分に勝利に値しただけに、このPKもそうだが、1失点目のあそこだけ集中力が欠けてしまったようなシーンが悔やまれる。
 ただ、個人的には今日の試合内容には満足している。昨年のホームゼルビア戦とおなじような感じだ。しかも今回は負けていない。試合後の選手たちの様子をみるとショックは大きそうだし、木下選手のインタビューもがっくりきてた感じだったが、胸を張っていい内容だったと思う。
 特に今日は金選手、吉崎選手を称えたい。両者とも運動量豊富に、球際にとにかく激しく食いついていった。攻めでも同様で特に金選手の多少ドリブルなりがひっかかっても強引に押し切る姿勢が、相手サイドを制圧する要因になった。尾形選手、宇野選手もよかったし、木下選手もいいときの姿を思い出す働きだった。ただ、相手はMIOとともに下位チーム。今日くらいの球際がJFL標準、というつもりで今後もお願いしたい。

 マルヤスは会社関係の方々なのか、大勢応援に来ておられ、試合後のエール交換を含めていい意味で実業団チームらしいアットホームさというか、JFLらしさを感じた。MIOのほうもサポーターさんのコールに会場も乗る感じで、よい一体感があったように思う。終了後のピッチ開放も含め雰囲気のよい一日だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード