VS栃木ウーヴァ

  1-0で今季ホーム初勝利。



  岡本斎藤
松永    阪本
  吉岡尾形
吉崎池野石間濱田
   桑水流


 序盤のロングボールの応酬では、体格のよい栃木FWに手を焼き、ピンチこそないものの押し込まれかけ、ボールを奪っても効果的につなげない展開となった。かといって栃木も突破口がなく、蹴りあいになるかと思われた10分過ぎ、右サイドで裏に抜けかけてファウルをもらった斎藤選手の動きで状況は一変した。斎藤選手あたりが上手い形でボールを引き出し始めると松永選手、阪本選手に両SBが絡んでサイドが活性化し、細かいパスも回り始める。栃木を押し込む形もでき始め、斎藤選手や松永選手が惜しいシュートを放ち、ほぼペースを握った。しかしゴールには結びつかす、前半を終える。

 後半は栃木がしっかり引いている半面、尾形選手がPA内に侵入。松永選手、吉崎選手の左サイドが完全に優勢となり、さらに攻勢を強めるが、細かいミスも多く、引っかけられては栃木FW陣のカウンターを許す場面もあるがCB陣が懸命にカバーし、桑水流選手も冷静な対応で事なきを得た。すると70分すぎに、栃木ゴール前にいいパスが入り、混戦になりかけるところで岡本選手が左に持ち出してそのまま縦に突破、ライン際まで持ちこんでクロス、かと思いきやGKのニアをついて逆サイドネットに鋭く刺さったゴールで先制!その後は疲れの出た選手に変わり、石田選手や中村選手、宇野選手を次々と投入して逃げ切った。

 相性の良くない栃木、蹴りあいのスタートとあってじりじりと押し込まれて攻撃の形を作れなくなる、と危惧していたが、斎藤選手のDFラインの裏でもらおうという動きが、相手DFに圧力をかけ、主導権を握れたきっかけでなかったかと思う。新加入選手が多いので細かいミスが多いのはやむをえないが、その割にはリーグ3試合目にして、うまく崩せそうなシーンもいくつかあったのは収穫だろう。3戦連続で点を取った岡本選手は素晴らしいの一言だし、斎藤選手もこれまでのMIOにあまりいなかったタイプのFWで、さすがのHONDA仕込み、という動きだ。岡本選手へのマークがきつくなっても斎藤選手でとれる、という場面が多くなりそうで楽しみだ。
 今日はどの選手もほんとうに良かったが、個人の力で左サイドを優勢にした松永選手、ミスもあったがそれ以上に精力的な動きが目立った吉崎選手、ものすごい運動量で好守に顔を出した尾形選手が印象に残った。2勝1分けの好ダッシュは素晴らしい。昨年の下位チームと新加盟チーム相手での結果なので、もちろん今後の壁は高いが先々が楽しみな展開だった。

 また試合後の石田選手のマイクパフォーマンスと退職されるスタッフさんの送別も良かった。MIOはホントにいいクラブだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード