VSファジアーノネクスト

 1-1で開幕引き分け。



  木下岡本
松永    吉田
  尾形宇野
二戸池野石間濱田
   桑水流
(こんな感じだったと思うが自信なし)


 開始直後から積極的に球際に寄せ、中盤から素早く前線に当てる。相手が少し様子見というか戸惑っていたようにも見え、2トップが競り勝てていたこともあって主導権を握り、CKから岡本選手が頭で先制した。中盤では宇野選手と尾形選手のバランスも良く、松永選手、吉田選手の両翼も持ち味を出しつつあり、これは大量点も、と期待させた。ただ20分過ぎごろか、MIOの運動量が落ちたか相手が少し慣れてきたか、MIOの2CBの間、両SBの裏に精度の高い長めのパスが出始める。岡山のFWの動きだしも良く、一発でチャンスを作られかける展開になった。
 MIOも単純な長いボールでなく、木下選手が降りてきてパスの組み立てに参加するなど、昨シーズンとの違いも見せるが、崩しの場面でタイミングやパスが合わないことが多く、前半を終えた。

 後半に入ると、岡山の技術の高さが出始める。パスのテンポを早くし、長短織り交ぜることでMIOのプレスをかわし、ゴール前に迫る。足が止まり始め、ボールウオッチャーになりがちで何度か危険なシュートを打たれるが、桑水流選手が落ち着いて処理。奪ったボールをカウンターで運び、岡山ゴールを脅かすが崩しきれない。なんとか逃げ切れるか、と思われた45分、ゴール前の競り合いでかなんかでPKをとられ、同点に。そのままタイムアップとなった。


 前半まではこれは勝てる、後半最後あたりでもなんとか勝てる、という感じだっただけに選手はショックだっただろう。新加入選手が多いのでしょうがないが、微妙なところが合わなかったのが残念だった。それでも新加入選手はそれぞれに持ち味を見せてくれたし、何より桑水流選手の落ち着きぶりは非常に頼もしかった。あたふた感が一切なく、何事もなかったかのようなたたずまいは新鮮だった。サイドをパスで崩そうという意図も良かったし、今後に期待したい。終了後、インタビューで宇野選手と岡本選手が「勝てなくてすいません」と言っていたのが、選手の意気込みや目的意識の高さを伺わせてくれたと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード