J開幕

 待ちに待ったJ開幕。1日にC大阪―広島、G大阪-浦和をテレビ観戦したが、W杯イヤーのサッカーが始まったなあと高揚感に包まれた。開幕とあって、4チームとも高い集中力と良いコンディションで、引き締まった堅い試合をしていた。その中でも攻撃面では各チームの持ち味を出していて、いずれもレベルの高い好ゲームだった。

 どちらにも思い入れのないC大阪-広島と違い、G大阪-浦和はJ開幕時から浦和がひいきだったので当然浦和目線で観た。ガンバの守備ががっちりしていたので、ボールを持ちながらもなかなか崩せなかったが、ガンバの前線も遠藤選手をFWにした影響かやや迫力不足だったので、勝利に値する内容ではあったと思う。中でも原口選手は攻守に非常に良かった。というか、体格自体少し大きくなったのではないか。スピードも上がり、体の軸もがっちりした印象でドリブルの迫力も一層増した感じがする。守備もしっかり足を伸ばすしボールも収めるし、パスの精度も高いときては、代表で一回試して欲しいなあという出来だった。
代表では数少ない空きポジションであろう「2列目の控え枠」では、マリノスの斉藤選手が一歩リードしているようだ。斉藤選手もいいドリブラーだが、なにせ浦和びいきなので体の強さと守備、シュートレンジの広さでは原口選手のほうが上、しかも昨季はあのポジションで11点だし、と思ってしまう。何とかザック監督が試してくれないものか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード