久しぶりのプレー

 久しぶりにフットサルで汗をかいた。年と共に反応が衰えていくし、もともと下手だし息切れも筋肉痛も辛いが、それでもやぱりプレーは楽しい!イメージしたドリブルとパスがつながるとホントに楽しい!素人の自分でも楽しいのだから、ハイレベルな場所でやっているMIOの選手らはもっと楽しいのだろう。

 フットサルはフルコートと違って、そんなに長い距離は走らなくていいが、スペースが狭いので判断を早くしないといけない。特に相手の間でボールを受けるときは事前に回りを見て、タッチの強さや体の向きを考えてもらわないとすぐに詰められてしまう。シュートもフルコートほどコースもスペースも時間もないので、決め打ちにいかないと難しい。MIOやJ、代表戦を観戦しているともっとシュート打てよ、とかスペースみろよとか思うが、やってみるとどれだけ難しいことか分かる。
 サッカーの評論はどうしても戦術論とかになりがちだが、やっぱりプレーしてみるとそれ以前の判断力や動き、技術が大切なのが良く分かる。野球であれば、草野球や三角ベースレベルでもほとんどの人がプレーしているので、見る側も極端な戦術論には引きずられないように思う。サッカーも、人気の高まりと共に、競技だけでないプレー人口を増やしていくことがサッカー強国への道なのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード