VSソニー仙台

0-0で今季最終戦、勝ち点をとって終了。

 なかなか好調な出だしから一転して長い長いトンネルに入り、秋になって少し持ち直したが順位としては過去最低になったシーズンだった。とはいえ、懸命に戦った選手、スタッフのみなさんには、お疲れ様でした、ありがとうございました、といいたい。
 順位こそ低かったが、みるべきものはあった。ホーム町田戦は負け試合で転落への第一歩というトラウマのような試合だったが、試合がおかしくなるまでの守備戦術は見事の一言に尽きるものだったし十分勝ちに値する内容で、今年のチームが力を持っていることを証明していた。ただ、悪いときの修正力がなかなか効きにくかった印象だ。昨年からだが、中盤で落ち着かせるタイプの選手がいないので、首脳陣があの手この手を駆使ししてもどうしても単調になりがちな部分があったように思う。片桐選手加入後は幅が出たし、そういった部分を見越しての獲得だったのだろう。

 長いシーズンを終え、選手にはとりあえず体を休めて欲しい。来季はJ3があるし、例年以上に選手の動きが激しいだろう。もうMIOでは見られない選手も出てくるだろうし、MIOもこれまで以上に選手獲得が難しくなることが予想される。それでもMIOのサッカーは続いていく。自分の応援も続いていく。来季はもっと試合日に休みをとれるようになるといいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード