VS佐川印刷

 0-1で佐川印刷とは今季リーグ1勝1敗


  渡辺木下奥村
    片桐
  湯田  野口
 濱田中村宇野今井
    永富


 4バック、3トップ気味の布陣でスタート。恒例の3バックで構える印刷相手とあって、序盤こそロングボールのこぼれに反応した奥村選手のおしいシュートで場内を沸かせたが、次第にひたすらボールがタッチを割る展開に。少しひいた位置の片桐選手からスルーパス、ロビングを出すが印刷の堅いDFラインにことごとくはじかれ、木下選手も浦島選手の出足良いマークにあってボールを収められない。左サイドの渡辺選手のところで保持できたが、そこからの展開がつながらないというもどかしい時間が続いた。
 印刷もいつも通り縦に早い攻撃を仕掛けてくるが、宇野選手らがきっちり対応していた。ところが30分過ぎ、セットプレーから、飛び込んできた浦島選手に綺麗に合わせられて失点してしまう。こうなると5バック気味に守備を固める印刷相手に攻めあぐねて前半を終えた。

 後半に入ると、印刷が引いて中盤に出来るスペースを使おうとするが、パスが引っ掛かりまくってカウンターをくらい、あわや2失点目、という場面を何度か作られてしまう。MIOも選手交代で3バックに変更、サイドを使う意識を高め、さらに宇野選手を中盤に、片桐選手をトップにあげるなど活性化を図るが細かいミスや佐川の厳しい守備もあり、好機を作れない。終盤に印刷が1人退場したこともあり、中村選手や宇野選手を前線に上げて猛攻をかけるがしのぎ切られて時間切れとなった。

 佐川印刷との相性の悪さがまじまじと現れたゲームだった。あの5バック気味の守りを崩すのはかなり難しかっただろう。いろいろと手を打って、今井選手や濱田選手が高い位置を取れたところまでは良かったが、そこからの精度がないと厳しかったということか。片桐選手が持つとさすがに違いが出るが、その違いをなるべく前の位置で生かしたいところだ。あとは浦島選手の攻守のよさに嬉しいやら腹立つやら、だな。

 この日は「二五八まつり」とのセット開催。東近江市民ではないのでどういうものか知らなかったが、賑やかでよかった。フェンス越しに足を止める人もいたし、負けはしたがMIOの知名度アップにはなっただろう。たまたま開催日が合ったのか、まつりの主催者にもちかけたのか、主催者がセット開催明記を了解してくれたのかはしらないが、非常にありがたい。来年以降もお願いしたいところだ。
 日程上仕方ないが、こういう時に讃岐とか町田とか遠征サポーターさんの大量動員が見込めるところであれば、スタジアム内外ともいっそう盛り上がり、地元のためにもさらによかっただろう(印刷サポーター、ファンの方ごめんなさい。いつも熱心な声援に敬服しています)。印刷相手とあって恒例の渋いゲーム(印刷サポーター、ファンの方ごめんなさい。自分は印刷のサッカー結構好きです)だったので初観戦の人はどう感じたかは分からないが、また足を運んでくれたらありがたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード