天皇杯県予選決勝 VSびわこ成蹊スポーツ大

 3-0で3年ぶり3回目県代表に


    鍔田
 東矢    奥村
濱田 山道野口 今井
  朝日宇野日向
    北井   こんな感じだったと思う(やや自信なし)


 日向選手と朝日選手が相手FWを、濱田選手と今井選手が両翼を捕まえて宇野選手が後ろに構えるという3バックまたは5バックでスタート。開始早々から球際に激しくいって主導権を奪いにかかる。特にびわこ大がサイドに入れてくるボールに今井選手、東矢選手、濱田選手らが果敢にアタックして奪い取るとそのまま前に出ていく、というやり方が上手くいき、何度も右サイドを突破するシーンが生まれた。ただ折り返しの精度を欠くなどして決定機にはいたらない。びわこ大は強力FWの松田選手にボールが渡りかけるとさすがの迫力が顔をのぞかせるが、それ以前に供給源をMIOがほぼ封じたため、ほぼ攻撃のリズムをつかめない。20分過ぎに左サイドで奪ったボールが駆け上がった濱田選手に届き、鋭いクロスを入れるとファーに詰めていた奥村選手が押し込んで先制した。
 MIOの球際の強さに明らかに戸惑っていたびわこ大は、DF、MF陣もミスを連発、30分過ぎにはGKのフィードが中途半端になって東矢選手に渡り、そのままミドルをたたきこんで2-0とした。

 後半になるとびわこ大は選手を替えて対抗、パスが回り始める。ただ、MIOも前半と違って無理追いせず、少し構えて受ける感じにして、ライン裏に出てきたボールには宇野選手がきっちりと対応するなど、前半と同様決定機を作らせない。松田選手もフリーで持てば身体野力の高さを伺わせたが、朝日選手や日向選手に抑え込まれ、仕事ができなかった。
 半面、MIOの攻撃は前3人によるカウンターが中心となり、特に東矢選手がなんども決定機や好機を生みだすが、これはことごとく外してしまう。しかし、主導権は握ったままで北井選手の負傷退場というアクシデントも乗り越え、終了間際にはカウンターから抜け出した東矢選手のシュートだが折り返しだかを鍔田選手が押し込んでダメ押しで試合を終えた。

 試合前はJ特別強化指定選手がいるということでかなり警戒していたが、終わってみれば完勝といっていい内容だった。やや守備的に入って相手のやりたい攻撃をすべて封じ、カウンターで点を重ねる、という学生さんの若さを逆手に取った大人の試合運びだった。球際で勝った時点で決まった試合、ともいえるがJFLではあんなに球際でとらせてくれるチームはないので、あらためてJFLのレベルの高さを痛感したし、県内にも示せたゲームだった。レイジェンドに大勝したびわ大に完勝、ということで県内最強を証明できたし、SAGAWAがいなくなったら滋賀は低レベル、ということではないことも見せられたのではないか。リーグ戦に向けてもよい材料になりそうだ。
 次は印刷が相手か。いつものJFLやん、天皇杯っぽくないやん、とか思うがここを勝ったら京都サンガかどっかと対戦できるはずなので、なんとか突破してほしい。

 天皇杯県予選は運営が県協会(だと思う)なので、派手派手しさゼロだが、滋賀ゆかりのサッカー選手だの有名人だののゲスト呼ぶとか、会場のDJも試合前から盛り上げるとか、他のイベントと抱き合わせるとか、やりようによっては盛り上がると思うのだが。県内サッカーでは最大のイベントでもあるだけに、淡々とした表彰式などはやや勿体ないかなあと思う。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード