ちーちゃんは悠久の向こう

P5081195.jpg
 日日日(あきら)という作者の名前は聞いたことがあったが、いままで手に取る機会がなかった。これは半分タイトル買いだった。

 幽霊やオカルトが好きな「ちーちゃん」と、両親から虐待を受けている主人公の関係を描いたホラー系の話。「壊れてしまう」「ここに自分の世界はない」といった物語全般を貫くテーゼはありきたりっちゃあ、ありきたりだが、文章がこなれているというか、やや京極夏彦や西尾維新っぽくもありよみやすかった。ラストは「ちーちゃん」が白に乗り移ったとも、白が「ちーちゃん」の人格をまとったとも読める。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード