天皇杯県予選

 レイジェンドを4-1で下したびわこスポーツ成蹊大との対戦となった。互角とみていただけに驚きはない。ただ、ここ数年の準決勝の組み合わせがレイジェンドはMIO、びわスポ大がSAGAWAというカードで固定されていたので、レイジェンドがびわスポ大の力をうまく図れなかったのかなとも思う。

 びわスポ大との対戦は2009年以来のはず。当時好調だったMIOが木下選手のゴールで先制したが、追加点を上げきれないうちに追いつかれ、PKだかなんだかで敗れたような気がずる。当然当時の借りを返したいところだが、今年のびわスポ大には松田兄弟というJ1レベルの選手がおり、当時以上に強力なチームのようだ。MIOも連敗が続いているし、JFLにいるとはいえ現時点での力からみるとよくて互角、というところかもしれない。
 決勝ではまず無失点を心がけつつ、どこかで顔をのぞかせるであろう若さを逆手に取る大人のゲーム運びを期待したい。攻撃陣は点が取れているので、大学生DF陣の混乱を誘って一気に守りを崩して主導権を握れれば理想的だが。

 SAGAWAが活動休止しちゃったので、決勝からというありがたい展開ではあるが、滋賀サッカーの盛り上がり的にはMIOが準決勝から出るのもありだったと思う。高校生か県社会人あたりとの対戦、となる山をつくっておけばそう不公平感もなく、また高校生や県社会人あたりが普段なかなか対戦する機会のないJFLとやれて経験もつめたのではないか。
 また観戦する側としても、一日で準決勝2ゲーム観戦、しかもSAGAWA-びわスポ、MIO-レイジェンドだったころの贅沢さとお祭り感が忘れられない。県協会にいろいろ求めるのは酷だろうが、Jなし県としては天皇杯県予選をうまいこと盛り上げの場にしてほしい。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード