VS HONDA

 0-2で勝ち点連取ならず


  渡辺久保田
濱田    東矢
  鎗田山道
野口宇野日向今井
   北井

 開始早々から渡辺選手がシュートを放つなど攻勢を見せ、中盤で引っかけては2トップのカウンターで主導権を握りそうな雰囲気を見せる。しかし、徐々にMIOの厳しい中盤のチェックを上回る球際の巧みさを見せ始めたHONDAがペースをつかみ始め、流麗なパス回しからサイドを破ってクロス、というお得意の攻撃をしかけてきた。MIOも良く対応し、決定機は許さないが20分過ぎにFKから頭で合わせられ、先制された。MIOは2トップが奮戦するが単調な縦のボールに終始することが多く、HONDAの守備を破れずに前半を終えた。

 蒸し暑さの中で後半はともに選手を一人ずつ替えてスタート。前半と同じようなパターンになり、15分ごろにHONDAの15番にライン裏に上手く出られ、叩き込まれて0-2とされた。MIOは選手や配置を変えて攻勢に出て、CKを連取するなど圧力をかけていくがゴールを破れない。終盤には山道選手や宇野選手がパス回しの中でライン裏に飛び出す動きを見せ、好機を生むが決定機までには至らず、タイムアップを迎えた。

 HONDAとはなぜか相性がいい方だし、出だし好調、という展開だったが、やはりHONDAはさすがのチーム。鎗田選手あたりがしっかり足を伸ばしてボールを絡めているのだが、あっさりとられず、しっかりおさめるのはさすがの技術の高さを感じた。また、ポン、ポンポンとパスを回しながら好守に隊形を整えていくサッカーは、サポーターの方の小太鼓のリズムとあわせて「ああHONDAだ、これがHONDAだ」と思わず唸るような見事さだった。そう多くはなかった決定機を決めてくるのもさすがだった。
 とはいえ、MIOも崩されたわけではない。1点目は北井選手が、2点目は日向選手がちょっと迷ったかな、とは思ったがDF陣としては悪くなかったと思う。攻撃陣も2トップが前を向いたときには、確かに相手に威圧感を与えていたと思う。ただ、攻撃が終盤になるまで一本調子だったのが気がかりだ。時間の経過とともに相手に対応されていたように感じた。終盤のように、山道選手あたりがはたいてそのままライン裏に出てくるような動きを多くした方が好機は作れるだろうが、リスクとも裏腹なので簡単には言えない。中盤でためたり、リズムをかえたり出来るようになると幅がでてくるのだろうが、選手の特性もあるし難しいところだ。

 J3への加盟申請後の初ホームであったが、あまりメディアで報じられていないこともあり、お客さんもそう多くはなかった。順位は低迷しているが、力のないチームというわけではないのは今日のゲームを見ても良く分かる。なんとか多くの人に知ってもらえるようにならないものか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード