解任論

 ゼルビアの秋田監督が解任され、ザッケローニ監督の解任論も一部評論家の間で根強いので、ちょっと考えて見た。

 ザック監督の場合。 失礼なたとえながら、J1優勝監督経験のある日本人(ザック)が東南アジアあたりの国(日本)に赴任したとする。レベルがあがりつつあるその国の代表チームは、何人かがJリーグやKリーグ(ブンデスやプレミア)などでプレー、中には鹿島(マンU?)や浦和のレギュラー、準レギュラーもいる。で、東南アジア王者になったとする。選手の一部には、アジアトップ(世界トップ)と差があるのは分かっているが、アジア杯優勝(W杯優勝)を目指す、と公言する者も。で、アジア杯の一年前に日豪オマーンあたりに真っ向勝負で3連敗したとする(コンフェデの3連敗)。その国の一部の評論家たちが解任論を叫びだした。次の監督は岡田監督だ、いや西野監督だ、いっそオリベイラ監督を呼べ、という者まで現れてきた、という状況に置き換えてみる。
 
 これ絶対に解任しなければいけないかなあ?また日本人のサッカーファンの立場から見て、一応J1優勝経験ある監督だし、東南アジア杯優勝とかアジア杯出場とか結果だしてるのに、なに不遜なこといって高望みしてるの?岡田監督?オリベイラ監督?呼んだら必ず監督してもらえるとか思ってんの?という印象にならないだろうか。評論家の人たちが何を言おうと自由だし、批判はあるべきだが、日本の立ち位置をすっとばした意見をひたすら上から目線で語れるのが不思議でしょうがない。


 秋田監督の場合。 相馬さん、ポポビッチさん、秋田さんとJFLでは破格も破格のネームバリューのある人たちよ呼べてすごいなあと思う。解任もできてすごいなあ、と感心すらしている。まあ秋田監督の場合は、シーズン前にJFLは時間帯とかなんとかがJとは違って理不尽なリーグなので難しい云々という趣旨の発言をしていたように記憶していて、その理不尽なとこで1年間やれるかなあとやや心配もしていただけに、悪い方に当たってしまったか。MIO戦のジャッジがちょっと違う方向に転んでいたら、解任はもう少し早かったはずだ、と強がっておきたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード