VS相模原

 0-1で連敗。

 
  木下鍔田
渡辺    久保田
  鎗田東矢
山道朝日宇野今井
   永富


 畑選手が負傷、中村選手、濱田選手が出場停止の中、山道選手を左サイド、朝日選手を初先発という急造DFラインで臨んだ。序盤こそ互角の展開だったが、時間の経過とともにボールを拾われだし、御給選手と外国人選手の強力2トップに対し、受身の時間が長くなりだした。サイドからもボールを入れられだし、何度か決定機を演出されるが永富選手の相次ぐ好セーブで切り抜けた。攻撃は長身2トップにボールを入れるがこぼれ球を上手くつなぐことができない。渡辺選手らがなんどか個人技で切り込んでいくが、決定機をほぼつくれずに前半を終えた。

 後半も相手の強力2トップに手を焼く展開が続き、15分過ぎには外国人選手の突破からの折り返しに走り込んだ御給選手に合わせられて先制を許した。スペースができ始めると、MIOは東矢選手らを起点にカウンターを繰り出し、ゴール前に迫り始める。木下選手に変えて奥村選手を投入することで久保田選手が中央に動き、枠内シュートを放ったり、奥村選手がPAに切り込むなど好機をつくったが、最後まで決定機はつくれず、タイムアップとなった。

 相模原の2トップはさすがというか、JFLならどこでも点取れる感じの強力さを感じたので、むしろよく1失点に抑えたと思う。朝日選手もさすがに御給選手には競り合いでは勝てないものの、こぼれ球に身を投げ出して宇野選手や永富選手らと共に何度もピンチを防いでいた。失点のシーンも御給選手をフリーにさせていたわけではないし、相手を褒めるしかない。急造ラインながら十分にやれていたと感じた。その半面、というわけではないが攻撃陣は消化不良、といった感じだ。守備も考えての長身2トップなのかもしれないが、今シーズンはボールのおさまりがあまりよいとは感じない。久保田選手が中央にいた方が、いったんためができて期待感が高まる。今季のチームのやり方で、競ってファウルを受けてFK,といった狙いとするところもあるのだろう。いずれにしても、少ない好機を生かす、物にする力が必要になってくる。

 桝田選手はCBでいい守備していたな。相模原はDFも堅かった。次の対戦では借りを返したいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード