次は相模原

 公式の試合結果を見直すと、退場とPKの順番が記憶と違っていた。やはりメモ取りながらじゃないといけないが、それどころではなかったので仕方ないか。思い返すに悔しい試合ではあったが、終了直後の不穏な空気も含めて熱量のあったゲームでもあった。その熱量(悔しさ含む)の元をたどって行けば、両チームの選手の戦い(+審判)がベースにあるのは当然として、MIOのサポーターと大勢来場していたゼルビアのサポーターさんたちの存在あってこそだったと思う。先日の讃岐もそうだが、MIOの観客がなかなか増えない中、遠方から大挙して来場してくれることで滋賀県内のサッカーファン、それ以外の人にも「カルチャーショック」のようなものをもたらしてくれているのではないか。讃岐や町田のサポーターさんが応援している時、帰路につかれているときに、布引で散歩やジョギングをしているお年寄りらが「なんだろうこの集団は」という視線を向けているのを目にして、やっぱり全国リーグに所属しているって大したもんだよなあ、と感じた。県内にはサッカーファンも多いだろうから、JFLのチームがある、ということをもうちょっと評価してもらってなんとか、MIOの観客増にも結びついてほしいところだ。

 次節は久々の湖南で相模原か。なにより桝田選手と対戦するというのが楽しみだ。御給選手もいるし怖いチームだが、今週こそ選手たちの笑顔がみられるはずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード