VS町田

 2-3の逆転負け


   木下
東矢久保田 奥村
  山道鎗田
濱田畑 宇野今井
   永富

 最終ラインでボールを回し、くさびのパスを狙う町田に対し、無理な前目のプレスは掛けず中盤で引っかけてカウンターを狙う形で入った。この日は久保田選手がいることもあってか、木下選手が頑張ってキープしたボールをいったんためてからショートパスをつなぐことができ、8分には左サイドでためたボールをライン裏に抜け出した山道選手に届け、山道選手が先制した。町田のつなぎのミスが多かったせいもあるが、MIOのやりかたがボールを保持しようとする町田にぴったりはまった感じで、ことごとくボールを引っかけては久保田、東矢、奥村選手らが好機を生みだした。セットプレーから鎗田選手の決定的なヘッドもあったがこれは惜しくも枠を外れた。
 畑選手が負傷退場し、中村選手がCBに入るアクシデントの中、チャンスを作れない町田は中央を使えないとみるや、最終ラインからサイドに配給し、突破にかかる。MIODF陣がしっかり対応したが、30分ごろにセットプレーから左サイドからのクロスが流れたところを詰められ、1-1になった。しかし30分過ぎに相手陣内のFKから木下選手が押し込み、再び突き放して前半を終えた。

 後半も同じようなやり方で入ったが町田がサイドの位置を高くしてボールを受けるようになり、前半にはほぼなかった鋭いクロスが入り始める。そうこうするなか、15分過ぎだったと思うが、濱田選手が接触プレーで2枚目のカードを受けて退場。久保田選手に変えて池野選手を投入し、数的不利をしのぐが今度は中村選手が裏に抜けようとした相手と接触したのかハンドだかでファウルと取られ、退場処分になった。すると相手FKで宇野選手がひじうち?ハンド?の判定を受け、PKを取られてしまい、同点に。木下選手に変えて渡辺選手を入れ、攻撃をほぼ放棄せざるを得ない展開となり、ゼルビアの猛攻を受けるが鎗田選手や宇野選手が最終ラインで体を張ってしのぎ続け、ロスタイムに突入、なんとか終了か、という間際にヘッドで押し込まれ、万事休した。

 悔しさ満ち溢れるあまりにあまりな展開で、ゲーム終了後は不穏な空気が漂っていた。あの判定はなあ・・・。スタジアムDJさんが「ラッキー」発言をばらしちゃっておこられないかなあ、と心配だが、まあ相手にもそう思われてるということがすべてだろう。中村選手のあのプレーがカードなら、前半の木下選手がとったFKにもカードつけてもいいんじゃないのか、と。まあ言っても始まらないが。一番無念なのは選手たちだろう。特に宇野選手の無念は良く伝わってきた。東監督がなだめていたが、数年前だったら審判に抗議して退場にさせられていたかもしれない。監督さんも悔しかっただろうが冷静になったものだ。
 
 残念な結果になったが、内容は今季ホーム一番といっていいほど素晴らしかった。相手はMIOが一人少なくなるまでまともにシュートを打っていないはずで、特に前半は得点したセットプレー以外はノーチャンスといっていいくらいだった。プレスをかけるタイミングもよく、最終ラインでもたついているときには積極的に出てそのまま奪う、そうでないときは下がり目にして攻め手をなくさせる、とメリハリが効いていた。攻撃も久保田選手がいることで効果的なためが生まれ、奥村選手も相手の裏を常に伺うなど、首脳陣の作戦と選手の実行力がかみ合って十分勝利に値する試合だった。結果は負けとはいえ、元Jチーム相手にも十分やれる力は示せた。

 終了後のゼルビアの選手とサポーターさんの喜びようは、これまた悔しさひとしおであったが、ゼルビアサイドにしてみれば、嬉しいのは当然だ。元Jのチームをそこまで喜ばせるほどMIOが追いつめた試合をしていた、ということだと思っておこう。綺麗な得点も、9人で耐えた守備も見ている側の胸を打つ素晴らしい内容だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード