VS讃岐

 0-4の大敗


  中村鈴木
渡辺    東矢
  鎗田山道
濱田畑 宇野今井
   永富

 中3日での試合ということでスタメンを多少いじってのスタート。大型補強の讃岐は開始直後から攻守とも高い個人のレベルを発揮し、MIOのロングボール戦術にも付け入るすきを与えない。といって讃岐の攻撃もサイドや中央の個人突破を中心にしたもので、MIO守備陣がDFラインで決定的な突破を許さない。しかし20分ごろに讃岐の左サイドからボランチの選手が中央へ持ち出し、鮮やかなミドルをつきさして先制した。MIOも中村選手が必死に体を張り、足を絡めてマイボールにするがサポートも薄く、時折あがるクロスも決定機にならず、FKも堅い守備に阻まれる。
 DFラインの突破を許しているわけではなかったが、40分ごろ左サイドから折り返されたボールを畑選手と永富選手のコミュニケーションミスだったのか、畑選手が永富選手に返そうとしたところをかっさらわれて2点目を奪われた。さらに前半終了間際、CKからのカウンターでさらに突き放された。

 後半も同じような展開となり、15分ごろに33番にカウンターから抜けだされ、落ち着いて決められて0-4とされる。MIOは鍔田選手や日向選手らを投入し、今井選手を前線に上げる布陣で何度か相手DFの裏を突きかけ、東矢選手が好機を迎えるなどしたが決め切れず、試合を終えた。

 久々の大敗。讃岐の個人能力はさすがに高かった。戦術的にDFラインを崩壊させまくられたわけではなく、個人の力に屈した、という感じで差はあるなあと思ったが、不思議とさほど悔しさはない。2失点目がもったいなかったが。4失点はしたが、宇野選手はいつも通り良かったと思う。
 讃岐相手だとリードされた展開でのあのロングボールではやはり、好機は生まれなかった。おそらく0-0の状態を長引かせて相手を前に出して、ロングボールが生きる展開にしたかったのだろうが、プラン崩壊後の攻撃が今後の課題となるのだろう。中村選手のボールキープとチェイス、今井選手の猛チェイスは胸を打っただけに、報われてほしかった。

 讃岐はアラン選手が元気そうでなにより。サポーターさんも大勢来てくれて盛り上がりを生んでくれてよかった。先制点の8番、独特の切れのある動きがどっかで見たことあるなと思ったら、元SAGAWAの選手だな。さすが、納得の動きで今日のMVPではないかと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード