VS佐川印刷

 2-0で3連勝

  
  木下中村
渡辺    奥村
  山道鎗田
濱田畑 宇野今井
   永富
 
 前節と同じスタメンで、やはり同じような入り方だった。ただ序盤は印刷DF陣がロングボールをはじき、セカンドボールをほぼ回収される展開でほぼシュートを打てなかった。印刷はサイドの裏を素早くついてくる攻撃で、中央の長身FWをうまく捕まえ切れずにひやりとする場面が何度かあったが、永富選手の好守で事なきをえた。MIOはもう完全に決めごとであるロングボールをひたすら入れ続けると、中村選手らが体を張ってボールを当て、サイドの渡辺選手、奥村選手が絡む展開が出始める。そうるとサイドに起点らしきものが生まれ始め、奥村選手らの突破も見られるようになり、木下選手らが好機を迎えたがこちらも決まらない。ただセットプレーでも押し始めるなど、主導権を取り戻したところで前半を終えた。

 後半になるとこれも前節のようにセカンドボールを拾えるようになり、ほぼ主導権を握った。セットプレー崩れから宇野選手が惜しいシュートを放つなど得点のにおいがしてきた15分ごろ、これまたFKからヘディングシュートだかの跳ね返りを渡辺選手が詰めて先制した。サイドの両選手がいい形でボールを持って前を向けるようになり、前半にはあまりなかったサイド突破の回数が増えてきた。30分ごろには印刷のセットプレーのこぼれを鎗田選手が粘ってつなぎカウンター攻撃となり、中村選手がサイドをドリブルで駆け上がって奥村選手に出し、そのまま左サイドを突破した奥村選手が冷静に流し込んで2-0とした。印刷もきわどいミドルを放つなどしたが永富選手がまたも好守を見せ、3連勝で締めくくった。

 前節とおなじような展開だった。前半に我慢して、後半に勝機を見いだすという戦略なのだろうか。中村選手のポストが前回よりもさらに良くなっていたように思う。ドリブルも結構抜いていけるし、本領発揮も近いだろうか。また両サイドアタッカーのよさも存分に出た試合だった。キープしながら抜いていく渡辺選手と、切れのあるフェイントの奥村選手とタイプは違うが、どちらもいい形で持ては1、2人は軽く抜いていく能力があるので頼もしい。両選手にゴールがついたのもよかったし、奥村選手の冷静さと高い技術にはびっくりした。
 守備陣も相変わらず好調のようだ。SBが駆け上がるシーンはあまりなかったが、まず守備からということでチーム方針を徹底しているのだろう。失点の少なさがさらに自信につながってくれるだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード