VS藤枝

  0-2で今季初黒星


   鍔田
東矢 久保田奥村
  山道鎗田
濱田畑 宇野今村
   永富


 前半からお互いが中盤を狭くしてくる展開で、ロングボール主体のゲームとなった。MIOがやや優勢か、という序盤だったが、藤枝はこぼれたボールへの詰めやMIOの選手が持った時への寄せがよく、ゴール前でもDF陣が中を固め、決定機を作らせてくれない。徐々に藤枝が主導権をつかみだすが、MIOのDF陣もカウンターになんとか対応して前半を終えた。

 後半も同様の展開でこう着した展開が続いたが、藤枝がカウンターから抜け出して先制。MIOは中村選手を投入してパワープレーに出るが、終了前に前のめりになったところをつかれて2失点目。試合を決められた。

 判定を含めて残念なゲームではあったが、MIOが悪いというよりは藤枝の守備がしっかりしていたと感じた。2失点にからんだかたちとなった濱田選手が責任を感じていたようだが、いずれもやむを得ない形だったので、気にする必要はないと思う。中盤の連携が上がれば、サイド攻撃がより生きてくるだろうし、そうなればロングボール以外の攻め手も増えてくるので、今後に期待したい。

 この日は好天に恵まれて良かった。となりのグラウンドでは少年サッカーの試合があり、あの一帯がサッカーづくしになって面白かった。あのグラウンドでいろいろやってくれると人も集まるし、スタジアムグルメをやってくれるお店の人にとっても売れ行きがよくなる。集まった人たちにとってもMIOの試合は見ないにしても、出店があるのは華やかな気分になって楽しいだろうから、なんとかMIOのホームゲームと連動させてイベントができれば、と思う。まあ次は甲賀だが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード