VS秋田

 3-0で開幕戦勝利。

 暴風雨と寒さのため、メモとれず、写真とれずでうろおぼえなりに。


    鍔田
東矢 久保田  奥村
   鎗田山道
濱田 畑 宇野 今井
    永富

 こんな感じだったように思う。序盤から高い位置でプレスをかけて秋田の細かいパス回しを引っかけ、3度ほどシュート機を生み出した。鎗田選手の厳しい寄せと山道選手の読みの良いインターセプトがかみ合い、秋田にまともに攻めさせない。それでも強力FW擁する秋田がサイドから早めにボールを入れ始め、徐々に五分五分の状況になっていった。そんな中で23分にCKから鎗田選手がねじ込んで先制すると、2分後には同じCKをショートコーナーにして、相手のタイミングを外してフリーになった鍔田選手がヘッドで豪快に決めて2-0とした。
 秋田は中盤の構成に自信があったようで、パス回しでMIOのDFラインを下げさせ、中央のFWで勝負しようとしてくるが、宇野選手らが出足よくつぶし、決定機をつくらせず、前半を終えた。

 後半も同様の展開となった。10分ごろに右サイドで山道選手らがひっかけたボールを素早く鍔田選手の足元へ届けると、鍔田選手がDFと競り合いながらゴールにたたきこみ、3-0とした。さすがに秋田は攻勢を強め、両サイドを押してくるが、濱田選手らがきっちり対応し、押されながらも決定機はほぼつくらせず、完封で試合を終えた。

 最悪の天気だったが、開幕戦を最高の形で飾れた。半田選手はじめ強力な補強をしていた秋田相手だけに、新しいチームで分が悪いかと思っていたが、メンバーが大きく変わっていたとは思えないほど完成度は高かった。スピードある選手が多かった昨年と違った選手だったこともあるのか、ボール奪取後の展開はむしろ和田監督時代に近いような印象があった。守備面では安定感抜群の宇野選手と、ボールを奪うセンスが素晴らしい山道選手に目を引かれた。山道選手の加入で、攻守ともかなり楽になりそうだ。また攻撃面では鍔田選手はもちろん、久保田選手のボールを持ったらまずゴールを、という動きがかなり相手に脅威を与えていたように思う。得点こそなかったが、かなりやってくれそうだ、と感じさせられた。

 理想的なゲームをしてくれただけに、天候だけが残念だった。それでも800人くらい来ていたし、MIOが徐々に根付きつつあるなと感じた1日だった。
 また、関係ないがスタジアムグルメのエンパナーダが抜群においしかった。名物にできないものか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード