天皇杯と高校サッカー

 年末年始は天皇杯決勝と野洲VS青森山田のみTV観戦。ガンバは昨シーズン通りのような負け方だった。唯一効果的な仕掛けをしていたと見た倉田選手の交替の時点で予感できた結末ではあった。J2ではさすがに戦力が違うのだろうが、あのままだと昇格しても中軸が年齢を重ねる分、苦しくなるだけではないか。長谷川新監督がやりかた自体を変えていくのだろうから、その手腕に注目だ。

 野洲高は今年も極端なサッカーで非常に面白かった。相手は高校トップ級だろうに、あそこまで一方的に押し込めるとは。決定力がないのは御愛嬌みたいなもので、負けるときはあんなもの、というゲームだったな。いろいろ言われるのだろうが、何のかかわりもない外野からすれば、野洲はあれでいいんじゃないかと思う。全国から選手を集められる私立でもなければ、常勝の必要性はないわけだし、個性を突き詰めてアイデンティティーとしていくほうが、長い目で見れば県のレベル向上につながるように思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード