天皇杯

 横河武蔵野や福島の健闘も今日まで。さすがにJ勢はここまでくるときっちり勝ってくる。しかし、武蔵野や福島の躍進は、J未満のカテゴリーを知らなかった人にも、JFLなど下部リーグが決して楽に勝てるレベルの相手ではないということを示してくれたのではないか。来年はMIOもこのあたりまで勝ち進むようなチームになってほしい。
 テレビでガンバ対町田を観戦していたが、勝又選手と鈴木選手はやっぱりいい選手だな。勝又選手は上でも全然やれるんじゃないか。まあ来年はJFLでやることになって、また町田と対戦できるのが楽しみな半面、残念でもある。J2最下位ではあったが、惜敗と引き分けが多い印象で、決して突出して弱いチームではなかったし、今日のガンバ戦のようにやっているサッカーも悪くない。決定力や球際など細かいところでの差が積み重なって、といえばそれまでだが、J2にいておかしいというチームではないと思う。来季はMIO戦では勝ちを献上したくはないが、1年でJ2に復帰して今度こそ町田らしいサッカーで定着を果たしてほしい。なんというか、戸塚監督がいたせいもあるのか、ゼルビアにはなんとなく愛着があるので、頑張ってほしいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード