SAGAWA退会

SAGAWAリーグ退会、のニュースが本日の京都新聞に掲載されていた。衝撃も衝撃だ。経営難ということだが、HONDAやSAGAWAはしっかりしていると思っていただけに、意外としかいいようがない。施設面ではJ並みだし、お金がかかるのは分かるがあまりにももったいない。ジュニアユースなどもあるようだし、縮小などしてなんとか続けられないものだろうか。記事中には県協会などと移管先を探したとのことだが、MIOの場合は移管先になりようがないので、レイジェンドは手を上げなかったと言うことだろうか。
それにしても、MIOにとってSAGAWAは厚く高い壁だった。滋賀ダービーも負け越しだし、天皇杯予選でも勝っていないし振り返れば苦い思い出が多いが、SAGAWAがあったおかげでMIOが鍛えられたとも言える。2009年シーズンのSAGAWAホームでのダービーは、サッカーの質という面でMIOのこれまでのゲームで最もよかったように思うし、SAGAWAが相手だったからこそ、という側面もあっただろう。選手個々もよく鍛えられ、攻守に組織的な動きは見事としかいいようがなかった。MIOが中盤でボールを奪われ、SAGAWAの選手が一斉にピッチに広がって動き出す時は失点の予感で寒気がしたものだ。「門番」としても他チームに恐れられる存在で、SAGAWAとHONDAを超えて昇格したのは、近年ではガイナーレのみだったはずで、JFL最強といっても過言ではない
滋賀という小規模な自治体にJFLが2チームもあるという贅沢な状況を味わってきたが、もう来シーズンからはMIOしかない。そもそもチーム統合によって滋賀に拠点を置いていたので県民にはもう一つ有り難みがないのかもしれないが、Jチームがない県で、Jを破るサッカーをしているチームをなくすことがどれだけ大きな損失か、なくしてみて初めて分かるのかもしれない。MIOにかかる使命というか責任のようなものも大きくなるだろう。
また現在在籍している選手の動向が気になるが、サッカーを続けたい選手もいるだろう。MIOに入団、ということも充分にありえる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード