天皇杯予選前

レイジェンドが草津東高に順当勝ちして、昨年と同じ顔合わせとなった。これまでのレイジェンドの顔ぶれに加え、出口選手がいるので昨年以上に強力なチーム、とみるべきだろう。MIOはここの所、悪い内容ではないが勝ち星には見放されている。トーナメントでは何が起きるか分からないので、ゲームをコントロールする意識がリーグ戦以上に重要になるのではないだろうか。リーグ戦との間隔が短いので、メンバーをどうするかも注目だ。
 しかし天皇杯、特に県予選の醍醐味は異なるカテゴリーの顔合わせだと思うが、滋賀の場合はJFLが2チームもあるので、JFL枠で出場権を取らない限り毎回似たような組み合わせになってしまう。いっそJFLチームに準々決勝から参加してもらう方が、高校生VS JFLという組み合わせが実現して楽しそうだ。まあJFL側の日程もあるので難しいのだろう。
レイジェンドは滋賀FC時代からよく顔をあわせることもあって、レイジェンドのサポーターさんは「湖国クラシコ」と銘打って盛り上げを図っている。JFLの「滋賀ダービー」に今回の「湖国クラシコ」。ともに広く認知されているとは言い難いが、なかなか良い感じだ。SAGAWAとレイジェンドの対戦は記憶にないが(今回は実現させたくないが)、実現すれば新たな名称はできるのだろうか?来年あたりはSAGAWAと当たって、ポカもあるMIOと異なった大人のサッカーを味わうのもレイジェンドの成長につながるんではないか。滋賀にJFLが3チームとなったら、立派なサッカー王国といえるな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード