VS FC琉球

P4251104.jpg
 あいにくの雨というか暴風雨気味で最悪のコンディションだった。上野は小ぢんまりとしていて、天気さえよければいい雰囲気のスタジアムだったのだが。

 肝心のゲームは1-2で敗戦。
  木下アラン
壽 金 浦島 伊藤
細貝谷口 畑 河野
    田中
 開始直後はピッチ状態が悪いこともあってかロングボールの比率を多くしながら攻め込んでいた。琉球は荒っぽいくらい激しい球際の当たりと、しっかりひいた守備で対応。MIOのつなぎのミスに付け込んでサイドから鋭いカウンターを繰り出していた。結局、前半のCKから失点してしまった。マークが甘い面があったように見受けられた。失点後はMIOもサイドのゆさぶりから好機をつくるが、最後の段階で精度を欠いてしまい、前半を終えた。

 後半は若林選手を投入してリズムを変えようとするが、琉球はしっかりとDFラインを保ち、するどい出足からカウンターを仕掛け、そこで得たCKからもう一点追加。MIOも同様にCKから安部選手が決めてくれたが後が続かなかった。

 今日のゲームは確かに琉球の選手は荒っぽい面もあった(主審もいかがなものかと思うが)が、運動量と出足の鋭さ、競り合いで負けていたのがすべてだったように思う。ピッチが悪かったせいもあってかフィジカルに優れた金選手の起用だったが、キープと散らしという面でみると、裏目に出た感が否めなかった。単純なミスも多く、開幕前のSAGAWAとの練習試合を見ているようだった。試合後、選手たちががっくりとしているのがよく分かった。力を出し切れない消化不良のゲームだったのだろう。悪い流れになりつつあるようで、心配だ。
 見ている側もかなりフラストレーションがたまる試合だったが、個人的に安部選手のゴールと若林選手の出場がうれしかったな。若林選手の独特のキープとタイミングをずらしたパスがみられてよかった。スタメンでいけるでしょう、と監督さんにいわんばかりの落ち着いたプレーだったな。琉球は山下選手に注目していた。昨年のホーム戦ではいい印象がなかったが、今日は正確なトラップとポストプレーでしたたかに苦しめられた。ロスタイムのボールキープはほんとうにいやらしいプレーだった。やっぱり日本代表だっただけあるな。

 かなり悪いゲームだったが、サポーターの人たちが大声で声援をからさず、試合後も選手たちを励ましていた場面はかなり感動した。勝って一緒喜ぶことはたやすいけど、負けたときの対応は難しい。相手サポにもエールを送っていて、一服の清涼剤だった。Jリーグや海外サッカーのサポーターから見れば甘いという指摘があるのかもしれないけど、自分はこれはこれでいいと思った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード