VS YSCC

 0-3でYSCC戦初勝利はならず。

 リーグ公式の速報サイトでチェックしていたが、終盤に連続して失点したのは、SAGAWA戦と同じ感じで、先制を許して少し焦り気味で前がかりになったのだろうか。力の差がそんなにあるわけではなさそうなので、ゲームの進め方がうまくいっていなかったのだろうととらえたい。これから蒸し暑く厳しい時期を迎えるので、メンバー交代などうまくやりくりして乗り切ってほしい。

 もうすぐ五輪開催で、男子メンバーをよくみると、村松選手と山村選手はMIOと対戦ありだったような気がして、リーグ公式HPで過去の対戦記録をみると、やはり両者ともMIO戦に出場経験ありだった。2選手が五輪で出場機会があるのかどうか分からないが、MIOと対戦した選手がスペイン代表クラスと戦うと思うと感慨深いものがあるな。男子は期待薄の扱いだけれども、そこそこやれそうなメンバーなので、なんとかトーナメント進出を果たしてほしい。壮行試合ではブーイングが起きたが、ある意味健全な環境だと感じた。壮行試合だからといってなんでもかんでも「ニッポンチャチャチャ」で済ませるよりは全然よいと思う。選手の表情もブーイング受けても仕方ない、という感じだったし、本大会に浮かれず臨めてよいのではないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード