VS SAGAWASHIGA

 0-4で今季ダービーは一分け一敗。


  菅原阪本
アラン   半田
  東矢桝田
寿 畑 宇野山田
   永富

 試合開始直後の蹴りあいから落ち着いてくると、SAGAWAがサイド突破を中心にした攻撃でリズムをつかむ。特にMIOの右サイドに長いボールを入れ、そこからクロスを上げ、そのこぼれをまたクロス、という形でシュートまで持ち込まれるが、両CBと永富選手が体を張って防いだ。20分過ぎまでのSAGAWA主体のゲームをしのぐと、東矢選手らのカットから今度はMIOのボールがつながりだし、アラン選手や山田選手、阪本選手、半田選手に再三良い形でおさまり、阪本選手やアラン選手にシュートチャンスが訪れるが決まらない。その後はまたSAGAWAが主導権をとる、といった形で、両チームとも持ち味を発揮する好ゲームとなり前半を終えた。

 後半も序盤にSAGAWAペース、直後にMIOもアラン選手のクロスに半田選手のヘッドで決定機、と前半を踏襲するような展開となりかけたが、15分ごろにPA内にドリブルで侵入した相手を桝田選手がひっかけてしまい、この日2枚目のイエローで退場、PKを決められて先制を許した。劣勢となりながらも伊藤選手や浜田選手を投入してチャンスを作るが、前がかりになった裏をきっちりとつかれるなどして3失点し、ゲームが終わった。
 
 退場まではSAGAWAやや優勢ながらも、どちらに転んでもおかしくない展開で、点差のような内容差のゲームではなかった。両チームの持ち味や体のぶつけ合い、気迫など滋賀ダービーにふさわしいいいゲームだったと思う。退場の場面はダイブであってくれと思ったが、足が引っかかったようにみえたし仕方のないジャッジだったか。あと30分くらい残っていたので、ひたすら守ってラストにパワープレーで同点を狙い、負けても最少失点でというやり方もあったとは思うが、選手の士気やMIOというチームには今日のようなやり方があっているように思うし、自分としてはそれでよかったと納得している。

 点数の上では完敗だが、10人になってからも、つなぐところはつなぐ攻め方など、攻撃面ではかなり面白い場面もあったので、チームとして成長しているのがよく分かった。また、個人的には東矢選手の好守に渡る運動量、しつこい守備が非常に良かった。永富選手、CBも良くやっていたし、アラン選手、半田選手(フリーに動かせるとやはり面白い)、菅原選手、阪本選手、山田選手は持ち味を出していた。細かいところでの精度ではやはりSAGAWAとの差を感じたが、負けてもそれなりに満足できるゲーム内容だったので、選手にはお疲れ様でした、といいたい。滋賀ダービーは今季負け越しだが、天皇杯予選で当たる可能性があるし、最終順位をSAGAWAより上で終える、ということでリベンジしたいところだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード