VSブラウブリッツ秋田

 0-1で4敗目。


  菅原阪本
アラン   半田
  桝田東矢
寿 佐道畑 山田
   永富

 シンプルに放り込むMIOに対し、秋田は最終ラインがしっかり構えて対応し、基本的に蹴りあいの構図でゲームが始まった。MIOはセカンドボールで後手を踏んだ印象で、そのボールをサイドから入れられ、中央でフィジカルと位置取りに優れた秋田の10番に触られる場面が2度ほどあり、相手のシュートがバーをたたくなど、劣勢を余儀なくされた。放り込んだボールはほぼはじき返され、好機らしい好機がほとんどないまま、25分に右サイドを破られ、折り返されたボールに詰められて先制を許した。その後も主導権を握られ、前半終了間際にアラン選手が左サイドを突破したが、つながらず前半を終えた。

 後半は半田選手とアラン選手が位置を入れ替えたことが功を奏した面もあるのか、サイドの高い位置でボールがおさまるようになり、前半とがらっと変わった展開になった。MIOは桝田選手に代えて木下選手を投入すると、阪本選手が一列下がり、ここからサイドにいいボールが出始め、SBの上がりも積極的になって好機を生み出し始めた。しかし、最後の詰めを欠き、終了直前のCKに永富選手が参加するも、タイムアップとなった。

 前半と後半でがらっとかわったゲームだった。やはりボールを拾えず、サイドを使えなかった前半は得点のにおいがしなかったな。ただ、後半はシンプルな攻撃のなかにもサイドを効果的に使おうという意図が見えてよかった。負けはしたが、今後に生かされるのが楽しみだ。個人的には今日は菅原選手と東矢選手が連戦で疲れていたのかなという感じだったし、秋田10番には宇野選手の方が向いていたかも、と感じたが実際のところはよく分からない。これまでのレギュラー陣には疲れもでてくるだろうから、新戦力の台頭に期待だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード