VS長崎

 1-4で今季初黒星。



   菅原
アラン阪本半田
 桝田東矢
寿佐道宇野山田
  北井


 湖南を思わせる強風が吹き付ける中、風上でのキックオフ。序盤から蹴りあいのような展開になる。直接ライン裏を狙うMIOに対し、長崎はトップかサイドに流れてきて受け、そこから崩していく展開を多用し、特にMIOの左サイドを何度も破って好機をつくった。MIOは宇野選手、佐道選手らが踏ん張って最後の一線は越えさせないが、CKから先制を許してしまった。長崎が選手同士の距離を上手く保ってボールをつないでいく一方で、MIOはなかなか好機を生み出せず、数少ないカウンターの好機も相手GKの好守にあってついえてしまった。

 後半開始直後は押し込んだが、すぐにカウンターから失点してしまった。その後も長崎のサイド攻撃に苦しんだが、カウンターからアラン選手が左サイドを突破、折り返したボールを菅原選手(だったと思う)がシュート、GKにはじかれるが、阪本選手がきっちりきめて1点差に。するとMIOの勢いが増し、サイドからの攻撃が機能し始めた。同点は時間の問題かと思われたが、決め切れないうちにPKを取られて引き離され、終盤はパワープレーを仕掛けるもロスタイムに失点して万事休した。

 昨年のホーム長崎戦と同様、サイドを使われて押し込まれた、という展開で負けはやむを得ない。長崎はサイドで起点を作ってからの崩しの精度が昨年より上っていて、上位を目されるのも当然というチームだった。4点は取られたが、DFラインの崩壊というわけではないし、一点を返してからは長崎を押し込むなど、見せ場も作っていた。上位相手に、速くライン裏にボールを入れて走りっこだけではまあ、苦しいのは仕方ない。とはいえ、現状ではあまりほかのやり方もないのだろうし、精度を上げていくほかないのだろう。内容は負けではあったが、やられっぱなしというわけではないのが、昇格初年度に比べての成長と感じた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード