「歴史」

P4151052.jpg
 「歴史の父」ヘロドトスの著作でギリシア連合VSペルシアのペルシア戦争を扱った長編。まだ読み始めたばかりだが、訳は平易だし随所にちりばめられたエピソードも面白い。リュクルゴスやペイシストラトスなど、世界史でおなじみの名前もどんどん出てくるので、とっつきやすいし。リュディアのクロイソスとアテネのソロンの幸福についての問答など、いかにもギリシア哲学のやりとりだ。世界史の教科書でヘロドトスの名は覚えていたが、もっと早く手に取っておけばよかったと思わせる作品だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード