VS琉球など

 4-1で大勝。

昇格以来最も悪いシーズンのイメージが強いが、勝数を見るとそうでもない。昇格初年度と同じ勝ち星で勝ち数は上かな。大敗が多く失点がリーグ最多だったのと上位食いがあまりなく、降格圏域に入っていたのでそういうイメージになったということか。まあ本来の力からすればよくなかったことには代わりないが。
 シーズンが終われば、監督人事が焦点になるだろう。東監督も、昇格初年度の緊急昇格時よりは幅のある采配をしたという印象があるが、できればもう少し年上の実績ある人が采配をふるう方が、東監督自身も将来に向けた勉強になると思う。まあ実際は、どういうサッカーを指向するかという点から考えないといけない。和田監督時代の手数をかけて主導権を握ろうとする攻撃サッカーなのか、初年度や今季後半のようなシンプルなカウンターサッカーなのか。MIOのチーム総合力としては後者のスタイルがとっつきやすいだろうが、和田監督が示した可能性は捨てがたい。チーム首脳陣の判断待ちだな。

 シーズンが終われば、選手の移動の時期だ。毎年大量退団しているので、慣れてきたというか覚悟はしているが在籍年数が長い選手がいなくなると寂しいものだ。よそに移籍した選手で言えば、木島選手は山雅昇格の立役者といえる活躍だし、谷口選手はレギュラーの故障があったのかもしれないが初年度で2位となった長野のCBとして後半はずっとでているし、浦島選手も結構出場機会があった。寂しくはあるが、元気に活躍してくれるのが何よりだ。木島選手は上に上がってもそのまま残れるといいな。MIO経験者初のフィールドプレーヤーでのJ出場を果たして活躍してほしい。

 来季は町田ゼルビアと松本山雅が昇格か。町田の攻撃サッカーと、もたついた感はあったが松本の「何か」を引き起こす力がどう通用するのか見物だ。個人的にはMIOが痛い目にあわされたものの、町田の勝又選手の活躍を期待する。JFLにも素晴らしいFWがいるということを証明してほしい。2チームの昇格でサッカーの世界の広がりをつくづく感じる。ついこの間までMIOと対戦していた北九州は昨年のJ2で柏と対戦。その柏はネイマールなどブラジル代表擁するサントスと対戦、場合によればバルセロナと対戦する。JFLにいながらも、この「世界とどこかでつながっている」という感覚がうれしいものだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード