VS長崎

 0-6で東体制初黒星


  菅原園田
寿   秦 半田
   桝田
細貝畑 中村山田
   永富

 前節とほぼおなじ布陣でスタートし、園田選手が激しく前線からプレッシャーをかけ、早々にFKを得るが枠外に。すると長崎のロングボールから(前がかりになっていたからか)数的優位をつくられGKと一対一になったところを永富選手が倒したと判定され、PKを決められた。選手間の連携、距離感が非常によかった長崎は、MIOのプレスを落ち着いてパスでかわし、サイドを破っては逆サイドへ、という攻撃を展開してきた。中央にくさびをいれてくることが少ないためか、桝田選手が位置どりに苦労していた印象を受けた。
 それでも何度かボール奪取からカウンターの機会があったが、ライン裏へ一本の単調な攻撃が多く、好機を生み出せない。またショートカウンター気味の場面でもパスの出しての選択がやや悪く、チャンスをつぶしてしまった。30分すぎに追加点を許すと、MIO側もサイドを使った攻撃が出始め、中盤の選手もゴール前に絡む展開を見せ、前半を終えた。

 後半もプレッシャーをかけていくものの、長崎がDF、サイドでのパス交換とロングボールをうまく使い、MIOのプレスをいなす場面が多かった。その裏をつかれて立て続けに失点、畑選手が退場になったこともあり、永富選手のPKセーブなどがあったがロスタイムにも得点を許して大敗した。

 この日の長崎はさすが上位チームという大人のサッカーだった。とくにDFラインの落ち着きと、15、16番の良さが目を引いた。ここまでの大敗は予想外だったが、和田監督解任以降のサッカーが、どこかで壁に当たるだろうとは思っていたので、そうショックはなかった。この日の長崎のような相手には単調なロングボールだけではきついし、「ハイプレスからカウンター」よりもボールを回してサイドを破っていくサッカーが必要だったかもしれない。まあ、そうはいってもボール奪取時の最初のパス選択から見ても、チーム全体でこのサッカーを指向しよう、という感じだったのでやむを得ないところか。試合中の修正ができるようなチーム状態でもなかったのだろうし。

 審判がやや辛いかなーとか、園田選手が空回りになってしまった(それでも本当によく頑張っていた)かなー、とか山田選手がたくましくなったな、と思いながら観戦していたが、唯一気になったのは秦選手。今日の展開では仕方なかったのかもしれないが、ボールを取ったときのパスの精度、方向、連携がもったいなかった。守備でもキープしようとしてのロストが目立ったし、戦術の制約があるのかもしれないが、もう少しゴール前に顔を出してほしい思いもあった。実際、前半終わり頃に出て行ったときはチャンスになっていたし。今日に限って言えば、あの位置は半田選手のほうがよかったのではないか。
秦選手が、「経験豊富でサッカーをよく知っている」というのはプレーから感じられるのだが、チームとしっくりきていない印象を受ける。かつての田中大選手のように「秦システム」みたいなやり方もありかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード