VS Honda

 1-0で東体制3勝目。

PB050001.jpg

  菅原園田
 半田秦 伊藤
   桝田
細貝畑 中村山田
   永富

 園田選手を菅原選手に絡ませ、桝田選手をアンカーとする布陣でスタート。ライン裏を狙うロングボールを多用するが、単調になりがちな面もあった。Hondaは好調時の迫力こそないが、個人の正確な技術と息のあったコンビプレーでMIOの左サイドを何度が突破、好機をつくる。この日はMIOの守備陣が奮闘、中盤の底から桝田選手がたびたび飛び出してタックルやパスカットを見せ、DFラインでは中村選手が競り勝ち続け、前線からは園田選手らが激しいチェイスを繰り返した。すると、攻められながらもパスカットからハーフカウンターを仕掛けられるようになり、山田選手や園田選手の遠目からのシュートが相手GKを脅かし、前半を終えた。

 後半開始からHondaが猛攻を仕掛け、MIO守備陣も受け気味となり、あわやのシーンを作られたがポストにも助けられる。すると5分ごろに左CKから園田選手がゴールに直接入るような鋭く曲がる弾道のキックを放ち、GKがはじいてたところを菅原選手が折り返し(たようにみえた)、中にいた中村選手がゴールを決めた。時間の経過とともに、園田選手をはじめとする前線のチェイスがますます効きだし、Hondaのリズムを分断、らしくないパスミスを誘うなどして半田選手、菅原選手を中心としたカウンターで何度も好機を生み出し、一方的に攻め続けた。菅原選手に代えてアラン選手を投入すると、会場を沸かせる突破を3度も見せ、Hondaの反撃意欲をくじいてタイムアップとなった。

 終了後のヒーローインタビューは園田選手と中村選手。前線から何度も相手を追い込んで攻守のリズムをつくった園田選手は本当に素晴らしいし、胸を打たれた。また中村選手は得点はもちろん、CBとしてもかなり洗練されたプレーぶりで、リーグ全体を見ても結構いい線行く選手に育つのでは、と楽しみにさせてくれる。この2人のヒーローインタビューは当然すぎるが、個人的に、この日のMVPには桝田選手を挙げたい。Hondaの攻撃のキーとなるくさびのボールに、素早い飛び出し、体を張ったタックルで反応して攻撃機会を阻止しただけでなく、ターンオーバーも演出、さらにはライン裏の飛び出しにも対処して危機を防ぎ、機動力を生かして攻撃のこぼれ球も拾いまくる獅子奮迅、八面六臂の大活躍だった。
 MIO昇格以来、ほぼホームゲームを観戦してきたが、自分が見た限り桝田選手として最高の出来だったと思う。さらに、MIOの守備的MFを務めた選手としては浦島選手が最高だと勝手に思っているが、こと守備面に関してはこの日の桝田選手に軍配を上げたいし、この水準のプレーが毎試合続くなら桝田選手が第一人者になりそうだ。というくらい、自分にはインパクトがあった。今年のMIOはこの位置にフィットする選手がいなかったが、これで完全に解決したといえるのではないか。

 3人の選手を取り上げたが、この日のゲームはどの選手も球際にフェアに激しくいっていたし、気持ちもこもっていて本当に胸を打たれるゲームだった。選手たちが発した熱はスタンドを埋めた子供たちにも伝わったはずだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード