「ルー=ガルー2」

277082-2.png
 連続殺人事件から3カ月、日常を取り戻していたかのような来生律子は、事件を通じて知り合った作倉雛子と会い、小瓶を託される。一方、事件にかかわりあったことで警察を退職した橡は、30年前に友人が起こした殺人事件を調べ始めた・・・。

 前作から10年くらいたっているので、設定と人物を思い出すのに苦労した。百鬼夜行シリーズと違って少女たちが物語の中心なので、天才少女を登場させなければ話が回りにくいという点はあるが、それだけに物語の会話中で登場し、語られる人生における諸問題を切実に感じ取れる面もあるので、これはこれで面白いシリーズだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード