VS三菱水島FC

スタメンは
安部 木下
壽 中濱浦島 伊藤    
細貝谷口畑  河野
   田中
2-0(安部選手、金選手)で、5試合目にして今季初勝利。相手との力量差を考えると、勝つべくしてかった試合だったし、もう少し点をとってもよかった試合だった。スコアは昨年のホーム戦と同じだが、昨年は今はなき木島選手の個人技での得点だったのに対して、今回はチームとして意図した崩しからのゴール。内容としては昨年より上だったと思う。 ただ「ベストゲーム」ではなかった。序盤からつなぎでのミスが多発し、カウンターを喰ってあわや、という場面もあったし、数多い決定機はつくったが2点にとどまった。やっぱり3点はとれただろう。そのあたりは選手もよくわかっていたようで、安部選手のインタビューも反省しきりだったな。

 今日の試合で目に付いたのは、浦島選手の中盤の底からの長駆しての飛び出しだった。得点にはならなかったが、攻撃の幅を広げ、結構チャンスを作れていた。格上相手の時にああいうプレーができるとチームの好機も広がってくるはずだ。昨シーズンは攻撃センスを発揮する機会が少なかっただけに、今年は思い切り暴れてほしい。
また田中剛選手の公約通り無失点に抑えたDF陣では、畑選手がとくに光っていたように思う。競り合いやカバーリング、飛び出しの判断などほとんど完璧といってよかったのではないか。
 
しかし、なんといっても「MIOの魂」と勝手に思っている安部選手のゴールがうれしかった。相手と競り合っての安部選手らしいゴール。昨年の4得点は確実に超えてくれるだろう。今季はポストでボールを受けると、サポートに来る選手が多いし距離も近い。前線で孤立し、ロングボールに体を投げ出して傷だらけになってボールをキープしていた昨年の苦労が報われているようで何よりだ。インタビューでは、サポーターへのあいさつも忘れない律儀な人柄がにじみ出ていたな。
また、サンタナ学園の子ども達の大声援を受けてのアランの突破からの金選手のゴールは見事だった。ごつい体格で不器用そうな選手かと思っていたらお手本の様な切り返しからのシュート。浦島選手もそうだが、あの時間帯で中盤の底からの飛び出しは効果的だ。インタビューイーとしての才能もありそうだし。(和田監督は恥ずかしがって拒否していたのが残念)

一勝を挙げたことで、とりあえず選手たちも落ち着くだろうし自信を深めてくれたのではないかと思う。結果がでているからスタメンはなかなか変わらないだろうけど、控えの選手もそろそろみたい。西畑選手はけがを治してもらうとして、若林選手や石澤選手、桝田選手の出番を待っていよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード