退団選手②

P2240767.jpg
 昨シーズンのJFLパンフの写真(ボケボケ)。もういない人がおおいなあ。

 富田晋矢選手 元サンガで、天皇杯優勝メンバーではなかったか。何の因果かMIOに来てくれて、彼のおかげで全国社会人大会優勝して昇格への足がかりをつかんだはず。昨シーズンはトップ下がほぼ定位置でパスやトラップの正確さはさすが、としかいいようがなかった。ただ、湖南の芝のせいか、技術を充分に発揮しきれなかったように思う。絶妙のタイミングのスルーパスも荒れた芝でイレギュラーバウンドしたり、ドリブルでも足をとられたり。外見やプレーが漂々として見えるので、「もっとできるのでは」と感じたこともあったが、振り返ってみれば好プレーばかり思い出す。引退したそうだが、シーズン後半はあまり出番もなかったし、けがでもしていたのかなあ。きれいな芝の上でのプレーもみたかった。

 木島徹也選手 茶髪の元気がいいFW。三菱水島戦だったか、ホームでの2ゴールはすばらしかった。カードも多かったし、ピッチ上でも気性が激しそうだなあというのは見ててよくわかった。そのせいで出番が減ったのかもしれないけど、ゴールへ向かう迫力というか、執念を感じる選手で不快感はまったくなかった。ホームでのレッドカードは少し厳しすぎると思った。低迷して元気のなかったころのMIOの選手の中では異質だっただけに、MIOにいてほしかった。移籍先はわからないけどまたプレーしている姿を見たい選手だ。

 井上裕文選手 残念ながらプレーしているのをみたことがない。会場の入り口などでお手伝いをしていたけど、人柄のよさそうな感じを受けた。

 荒井大輔選手 小柄なアタッカー。地域リーグの時にプレーを見たが、とてもスピードがあってスキルフルだった。JFLではプレー機会がすくなかったが、体の小ささがネックだったのか。ほかのブログなどによると無口な選手だったようだが、プレーは結構雄弁だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード