VS佐川印刷

 2-2で連敗停止。


  木下出口
寿 秦 宇野坂本
鎗田桝田畑 山田
   永富

 キックオフに間に合わず、どうやら木下選手先制の直後に到着。木下選手のゴール、見たかったー。見始めたあたりは得点直後だったこともあってか、サイドから主導権を取れていたようだ。パスワークも良い時のMIOを彷彿とさせる出来だった。15分ごろにCKから同点弾を許すも、2点目は時間の問題というような良い攻撃をしていたが、秦選手のターンオーバーからの決定的なスルーパスを外すなど、好機をことごとくものにし切れず、いやなムードが漂い始める。そうなると佐川お得意の速い攻撃が徐々に本領を見せ始め、DFが後手に回り始めると中央をこじ開けられて逆転されてしまった。

 後半は焦りもあってかさほどよい攻撃ができず、逆に佐川に何度もゴール前に迫られてしまう。それでも園田選手が交代で左サイドに入ると、スペースができ始めたこともあって、大きなサイドチェンジから再三左サイドを破り、園田選手の好クロスに、ニアに飛び込んだ寿選手が合わせて同点に戻した。さらにアラン選手を投入し、猛攻を仕掛けるが決め切れずにタイムアップを迎えた。

 追いついての引き分けはよかった。これまでなら逆転負けのままで、悪いムードがさらに続いていただろう。試合後の寿選手のインタビューでも悪い流れをなんとか止めた、という充実感がうかがえた。寿選手はよくあそこに飛び込んでいたものだ。本当に素晴らしいゴールだった。 
 ただ、本来なら前半にもう少し点を取っておかないといけない。秦選手からいいパスが出ていただけに、外して自分たちで試合展開を苦しくしていたのが残念だ。

 園田選手が交代で入ってから、スペースができていたせいもあるだろうが、大きなサイドチェンジが生まれ相手を揺さぶることができた。観客席で見ていて、園田選手がボールを呼んていたのがよく分かったし、周囲の選手も上手く使おうとしていた。園田選手は交代で入ったということもあるだろうが、突破とクロスという自分のストロングポイントを明確に打ち出しており、これが同点につながったと言える。空回りしかけた部分もあったが何度もトライしての同点アシストは見事というほかない。アラン選手も投入後は突破とシュート、の持ち味であわやというシーンを生み出した。やっぱり、戦術や決まりごとも大事だがまずは自分のできるプレーをして、自分の特徴を生かすということが、相手にとっては最も嫌なのではないだろうか。佐川の逆転弾も、もらってすぐ打つ、というプレーだった。MIOのFW陣ももっと早めに打つことがあってもいい。そうすると相手が食いついてきて、結果としてパス回しも生きるのではないか。 
 あと中盤のルーズボールの拾い方で、きれいにおさめようとしてボールを見てかっさらわれるケースが多かったのが気になった。球際で厳しく来る佐川相手ということで慎重になったのかもしれないが、ややもったいないと感じた。

 今日は天気もよく、いいサッカー日和だったが、主審が非常によかったと感じた。前回がちょっと、ということを差し引いても「プレー自体と、プレーの流れをきちんと見ている」「判断の基準が一貫している。しかもプレーの流れを尊重している」という点で観客や選手にストレスを与えない好ジャッジだった。これまでだったら「これは見えてないだろう」というプレーにも的確な判断をしていて、思わず「そんなとこまで見えてるのか」と驚いた。毎回この審判さんの水準だと気持ちよく観戦できるな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

蹴球四十雀

Author:蹴球四十雀
滋賀のサッカーJFLチーム「MIOびわこ滋賀」を心の底から応援しつつ、たまにフットサルで息を切らす。一方、書斎での濫読(純文ラノベ歴史ノンフィクション)や琵琶湖周辺の野山歩きもこたえられません!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード